トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 象の糞から作るリサイクルペーパー/ネパール・チトワン

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

象の糞から作るリサイクルペーパー/ネパール・チトワン

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2018年2月 9日

IMG-d6af0ceaa8fe51d38143b0aaa1adab44-V_wm.jpg


ネパール南部にあるチトワン国立公園。山国として有名なネパールですが、チトワンには野生動物が生息する自然豊かなジャングルが広がります。


象に乗ってジャングルを散策する「エレファントサファリ」も有名で、その拠点となるソウラハ村には、70頭近い象が飼われています。


IMG_20171205_122512.jpg


車や人と一緒に、象も普通に通りを歩いている光景は圧巻。民家の横に象小屋があり、まるで車庫に車が止まっているかの如く、象が飼われている光景も見られます。


路上では、象の糞を集める人の姿も。


IMG_20171226_200240_wm.jpg


とある工場に持ち込むのです。


それは、ネパールで唯一の、象の糞からリサイクル紙を作る小さな工場。外国のプロジェクトで製法を学び、今に至っているとか。土産物屋も併設しており、象糞リサイクル紙で作られた紙製品が並びます。


IMG-79e3b69de583d215d559e622cb0a393b-V_wm.jpg


IMG_20171226_181319_wm.jpg


紙はかなり厚手の和紙、といった感じで、藁の屑が混ざっていることも多く、決して洗練されている感じではないのですが、素朴でよい味を出しています。


ネパールの紙というと、植物から作るネパール和紙(ロクタペーパー)が有名。カトマンドゥにはこれらの製品を扱う素敵な店がたくさんあるのですが、そういう店の店主でも、象糞リサイクルペーパーがネパール国内で作られていることを知らない人も多いのが実情。カトマンドゥで取り扱う店もないようです。(2017年12月に私が確認したときの状況ですが、もしあればお知らせください!)


そんな貴重な象糞リサイクルペーパー、ソウラハ村の土産物屋では扱っている店もあるので、是非探してみてください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 象の糞から作るリサイクルペーパー/ネパール・チトワン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について