トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > ブライド・リバー・キャニオン小旅行

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ

ブライド・リバー・キャニオン小旅行

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年10月 6日

1609_canyon01.jpg


ずっと気になっていたムプマランガ州のブライド・リバー・キャニオン(Blyde River Canyon)へ小旅行してきました。


このブライド・リバー・キャニオンの特徴は、豊富な水源の恵みを受けて一年中緑が絶えないこと。常に青々とした緑が広がることか、「緑の渓谷」という別名を持ちます。南アフリカとナミビアにまたがるアフリカ最大の渓谷フィッシュ・リバー・キャニオンの荒涼とした姿とは対照的です。


時間があればぜひ渓谷を歩きたいとことですが、今回は時間の制約もあって車でビューポイントを転々と。スリー・ロンダベル、ゴッド・ウインドウ、ポットホールの3ヵ所に立ち寄りました。


1609_canyon02.jpg


ロンダベルとは、茅葺きの三角屋根が乗った家または小屋のこと。田舎ではまだまだ現役ながら、最近は茅葺きに使う草が取れにくくなってきたとの話も聞きました。歴史の遺物になってしまう......なんてことがなければいいのですが。


話がちょっと逸れましたが、ロンダベルが3つ並んでいるように見えることから、スリー・ロンダベルと名付けられました。


1609_canyon07.jpg


次の目的地は「神の窓」。車を停めて、数百メートル歩みを進めると、


1609_canyon08.jpg


写真では伝わりにくいのですが、崖に到着です! この日はガス
っていましたが、確かに晴れた日の眺望は素晴らしそうで、神になったような気分になってしまうかも。


1609_canyon03.jpg


ゴッドウインドウを後にして向かったのは、ポットホールです。豊富な水が流れるこの場所では、


1609_canyon06.jpg


長い年月を経て生み出されたポットホール(道路に空いた穴)のような小穴がいたるところに見られます。


ちなみに「ブライド」はケープ・ダッチ語で「幸せ」「喜び」の意味で、かつてこの地に到達して一度は死んだと思われたアフリカーナー開拓民が故郷に生きて帰ってきたことから名付けられたんだそうです。


当時の移動手段は幌馬車。ケープタウンからブライド・リバー・キャニオンまでの距離は有に1500km以上。地図も十分にない中で、幾多の山を超えて戻った人たちが受けた歓迎はどんなものだったんだろうと想像してしまいました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカの最新情報はこちら!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員の竹内 千尋が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員
名前:竹内 千尋

竹内 千尋

南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

その他の南アフリカの特派員

ヨハネスブルグを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > ブライド・リバー・キャニオン小旅行

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について