トップ > 日本 > 伊豆・静岡特派員 > 河津七滝

日本国内日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ

河津七滝

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月 6日

伊豆・静岡特派員 休暇村南伊豆の今回のブログは江柄が担当します。
河津七滝は伊豆天城山のふもと、河津川上流の渓谷にあります。
紅葉の時期が一番人気のある期間ですが、夏の時期は涼めるクールダウンのスポットとしてもおすすめです。
河津では滝のことを「水が垂れる」 という意味で垂水(たるみ)と呼んでおり、河津七滝も、「 ななたき 」ではなく「 ななだる 」と 読みます。
今回はこの七つの滝をご紹介していきます。

★出合滝(であいだる)
◆高さ 約2m
◆幅 約2m
◆特徴
2つの流れがここで出合ってひとすじの流れになることからこの名前がついたとも言われています。
流れ込む水の青さが印象的な滝です。
DSC_0368.JPG DSC_0367.JPG
様々な人が出会いを求めてやってくる場所でもあります。

DSC_0369.JPG

★カニ滝(かにだる)
◆高さ 約2m
◆幅 約1m(長さ15m)
白い流れと緑のコントラストが美しい滝です。
美しい渓流の中にひっそりと佇む小さな滝です。
DSC_0373.JPG DSC_0372.JPG

★初景滝(しょけいだる)
◆高さ 約10m
◆幅 約7m
白い流れの中に「踊り子と私」のブロンズ像がある滝です。
伊豆の踊り子の敘情をかもしだしている滝でもあります。
DSC_0379.JPG DSC_0382.JPG

★蛇滝(へびだる)
◆高さ 約3m
◆幅  約2m
玄武岩の模様が蛇のうろこのように見える事からへび滝と名づけられました。
style="" /> DSC_0385.JPG
DSC_0391.JPG

★エビ滝(えびだる)
◆高さ 約5m
◆幅  約3m
エビ滝は滝の形が海老の尾びれに似ていることから名づけられています。
このえび滝はつり橋上から眺めることができます。
DSC_0394.JPG DSC_0398.JPG

★釜滝(かまだる)
◆高さ 約22m
◆幅  約2m
覆いかぶさる様な玄武岩の上から、雄大に流れ落ちる迫力満点の滝です。
かつては地獄谷と恐れられていたほどの滝で、七滝中2番目に高い滝です。
style="" />
DSC_0399.JPG
DSC_0412.JPG

★大滝(おおだる)
◆高さ 約30m
◆幅 約7m
河津七滝中、最大の高さを誇る滝です。 滝の全長は30m、幅は7mあり
垂直に立ち上がる玄武岩の壁から雄大に流れ落ちる姿は圧巻です。
DSC_0358.JPG

大滝は大滝遊歩道を歩いて行くのですが、入場時間の規制があります。
・6月~9月...8時から18時まで  ・10月~5月...8時から17時まで
・七滝観光センター無料駐車場、町営無料駐車場をご利用ください。

川の流れと水しぶきで体感温度も涼しく感じることができるので、この時期おすすめです。ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

休暇村南伊豆

日本国内・伊豆・静岡特派員の休暇村南伊豆が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/伊豆・静岡特派員
名前:休暇村南伊豆

休暇村南伊豆

休暇村南伊豆では、地元出身の職員、全国転勤を伴う職員、他県から移住してきた職員が一緒に働いています。私たちのブログでは、内から見た伊豆、外から見た伊豆、様々な目線で見た伊豆の魅力をお伝えしていきます。休暇村南伊豆公式ホームページとは一味違ったブログをお楽しみください!公式ホームページはこちら DISQUS ID @disqus_spxKQm6Fef

伊豆・静岡特派員トップにもどる


静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

伊豆・静岡特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 伊豆・静岡特派員 > 河津七滝

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について