× 閉じる

トップ > 中東 > トルコ > イスタンブール特派員 > 5月15日(火)より断食月が始まります

トルコトルコ/イスタンブール特派員ブログ

5月15日(火)より断食月が始まります

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2018年4月28日

トルコでは、政教分離されているので、公式にイスラム教国家ではありません。
お酒が自由に売られていたり、ヨーロッパ諸国と同様に土日休みです。
でも国民の95%以上がイスラム教徒。そのイスラム教徒にとって大事な断食も行う人が多いです。

今年は、5月15日(火)から始まるトルコの断食月(ラマザン。
6月14日(木)まで) ですが、トルコでは、観光客の方は特に影響がありません(レストランによっては、断食中はアルコールを提供しない場合があることもあります)。

今年の断食時間は17時間ほど。食べないことよりも、飲めないことが厳しいと皆言います。

敬虔なイスラム教徒が過ごす断食月の一日はこのような流れになっています。

【断食月の一日】

日の出前:起床、日の出前の食事(サフル)を済ます(午前3時半頃*)。
日の出後:サフル後に一眠りし、出勤。
日中:食事以外に飲み物を飲むことも絶ちます。
日の入後:モスクからのアナウンス(アザーン)と同時に食事(イフタル)を開始します(午後8時半頃*)。
*イスラム暦のため、毎日変わります。正確な時間はこちら


断食中はイスラム教に課せられた五つの義務行為の一つ、

「喜捨」

を行う機会でもあるので、モスクでは家で食事ができない人(主に貧しい人たち)のために無料の食事を振る舞うところもあります。

selimiye_camii_avlusunda_iftar_h24074.jpg










日中、活動を控えているため、仕事の生産性は著しく落ちますが、イフタルのあとは、街中が賑やかで活気があります。

こちらはラマダンの間によく売られるラマダン・ピデというパンです。

1f1b4b2e36b5e09a1bb4.jpg

トルコで通常食べられているパンとは異なり、腹持ちが良くなるように、中がぎっしり詰まっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


にほんブログ村




トルコの伝統オヤ刺繍 トルコからお届けしています

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

デイジー

トルコ・イスタンブール特派員のデイジーが現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

トルコトルコ/イスタンブール特派員
名前:デイジー

デイジー

トルコの手芸<オヤ刺繍>に魅せられ、現地の女性たちの社会進出のサポートのため、刺繍ショップ<デイジー>およびトルコキリムを使ったバッグ店<デイジーアトリエ>を運営しています。トルコの伝統手芸の素晴らしさを知っていただきたく活動しております。トルコでの通訳・コーディネートなどのお仕事依頼も可能です(こちらまで)。 DISQUS ID @disqus_UotgqiMTGF

イスタンブール特派員トップにもどる

その他のトルコの特派員

イスタンブールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

イスタンブール特派員トップにもどる

トップ > 中東 > トルコ > イスタンブール特派員 > 5月15日(火)より断食月が始まります