× 閉じる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 中環に「紫玉蘭」という有名中華レストランの旗艦店がオープン

香港香港/香港特派員ブログ

中環に「紫玉蘭」という有名中華レストランの旗艦店がオープン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年6月10日

料理のガイドブック「ミシュラン香港・マカオ版」で1つ星を獲得したこともある上海料理の店「紫玉蘭(Shanghai Garden)」。このほど中環(Central)の交易広場(Exchange Square)に旗艦店がオープンしました。(写真提供:Rubison Marketing Solutions)

Interior2.jpg

上海料理には昔ながらの調理方法や伝統メニューがある「本邦菜」と上海は中国各地から人々が集まって来る都市なのでその地方料理の特徴を取りこんだ新しいタイプの上海料理「海派菜」の2種類があります。こちらの料理は「海派菜」がメインの所です。店内は上海の貴族が住む大邸宅をイメージして、高級感あふれるデザインになっています。特に個室は、下の写真を見てもわかるように食事をするテーブルと椅子のほかにもソファが置かれており、ビジネスやパーティーなどにもぴったりです。

VIP Room.jpg

「烤鴨二食醬爆鴨崧脆脆卷(Duck Second Course - Stir-Fried Duck Cone)」(8個148ドル)は、鴨のバーベキューと鴨肉を春巻のように料理した1品です。また「脆煎灌湯小籠包(Pan-Fried Xiao Long Bao)」(4個72ドル)ですが、小籠包は日本人にも人気が高いですが、蒸すだけではなくさらに揚げるというユニークな発想からできた小籠包です。「松子繡球黃花魚(Deep-Fried Yellow Croaker with Pine Nut in Sweet and Sour Sauce)」(278ドル)という「キグチ」という中華系の人々に人気の魚を揚げた魚料理もあります。

醤爆鴨崧脆脆卷 Stir-fried duck cone.jpg

烤鴨二食醬爆鴨崧脆脆卷

脆煎灌湯小籠包Pan-fried Xiao Long Bao.jpg

脆煎灌湯小籠包

松子繡球黃花魚Deep-fried yellow croaker, pine nut, sweet and sour sauce.jpg

松子繡球黃花魚


香港ではあらゆる中華料理が食べられますが、ここは落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと時間をかけて中華料理を楽しむ事が出来る場所です。ぜひ試してみて下さい。


★紫玉蘭 / Shanghai Garden
所在地:Shop 402, 4/F, Exchange Square, Central, Hong Kong(MTR中環(Central))駅B1出口から徒歩3分
電話:2180 7288
営業時間: 11:00-翌14:30、18:00-22:30

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 中環に「紫玉蘭」という有名中華レストランの旗艦店がオープン