トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 「インスタ映え」確定。香取慎吾が書いた絵など香港が芸術の街に変貌

香港香港/香港特派員ブログ

「インスタ映え」確定。香取慎吾が書いた絵など香港が芸術の街に変貌

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年4月 5日

香港人はお金を稼ぐことに関心が高い一方で、芸術に注目を寄せる人は、香港在住西洋人位でした。ところが、香港人の生活水準が上がり、数年前から芸術に関心を持つ人が増えました。今ではあの「アートバーゼル」が香港でも毎年3月に開催されるほとです。そんな中、ビルなどの壁に絵を描く「ストリート絵画」的なものがSOHO地区周辺で増えてきました。「インスタ映え」するということで新しい観光スポットになっています。

001.JPG

まずは、マルチな才能を見せるタレントの香取慎吾が作品から。2018年3月24日~26日の3日間の24時~朝6時、各6時間ずつ計18時間かけて、荷李活道(Hollywood Road)とヒルサイドエスカレータ―が交差する地点に製作したものです。これは香港政府観光局(HKTB)のプロジェクトの一環で、香港各地で開催される「香港アートマンス」に連動して行われました。

002 HK ArtsMonth_Shingo (3).JPG

香取慎吾が描いた作品(写真提供:HKTB)


嘉咸街(Graham Street)と荷李活道の交差点にある「G.O.D.」という店の側面の壁は、香港の古いスタイル住宅である「唐楼」を描いた絵が描かれていて、ここが世界中の人が「インスタ映え」をしにやってくる場所として最も有名です。

003.JPG

必ず誰かが写真を撮っています


荷李活道沿いの北斜め向かいにあるには「hotel madera hollywood」というホテルがありますが、そのうえには喜劇王チャーリー・チャップリンやマリリン・モンローの絵が壁にドーンと描かれています。

004.JPG

映画スターの絵が掲げられています


嘉咸街から1本西にある通り卑利街(Peel Street)と荷李活道の交差するところにある建物=ホテルの斜め向かいにも花飾りをつけた女性が笑っている店があります。絵には「Uma Nota」と書かれているのですが、実はこの名前はブラジル料理の店名です。店に入ってブラジル料理を堪能してもいいでしょう。

005.JPG

こちらも楽しくなるような笑顔です


レストランの壁の絵と言えば、もう1つあります。嘉咸街と士丹頓街(Staunton Street)の交差点に「Brooklyn」というレストランについてです。こちらも側面の壁はブルックリンをイメージした絵柄です。

006.JPG

色とりどりの明るい絵です


最後は場所が変わって銅鑼湾(Causeway Bay)にある「利園(Lee Garden)」というショッピングモール兼オフィスビルがあります。そこの正面入口横の歩道に絵が描かれています。

007.JPG

カラフルで、かなり長い絵なのがわかります


このように、「芸術に目覚めた」香港は、これからこういった場所が増えていく流れは止まらないと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 「インスタ映え」確定。香取慎吾が書いた絵など香港が芸術の街に変貌

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について