トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で買いたいおすすめのお土産 Part 8

香港香港/香港特派員ブログ

香港で買いたいおすすめのお土産 Part 8

カテゴリー:お題 / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2018年4月30日

駄菓子といえば、ある意味、日本のローカルカルチャーの極みでもあり、子どものころを思い出させてくれる懐かしいものです。香港では「士多」と書かれるのは、スーパーなのですが個人商店のような小さなスーパーのような形態を意味します。お菓子、ソフトドリンク、ちょっとした食べ物などを売っています。今回紹介する「美楽士多」は日本の駄菓子と香港の昔ながらのお菓子を売っている店です。

001.JPG

香港と日本は経済的結びつきが強いので、実は日本の駄菓子は昔から香港でも売られていました。ですので、日本で有名な駄菓子は香港でも知られている事が多いのです。ここでも日本の駄菓子を中心にたくさん売られています。

005.JPG

その中には、香港らしいお菓子もあります。それはキャンディーで香港のメーカーが作った飴、チョコレート、ヌガーなどがたくさん売られています。値段も1袋10ドルか20ドルです。こういったのは、実は香港のお土産店などではあまり売られていませんし、スーパーマーケットでも取り扱いが減ってきているので、ローカル色の強いお土産にはピッタリです。

004.JPG

持ち帰りはできませんが、「緑寶(green spot)」と呼ばれるアメリカで発売された瓶に入ったオレンジジュースがあります(下の写真の右から3番目)。昔は香港でも売られ今は販売されていませんが、ここのオーナーである李志偉(Patrick Lee)さんが今でも販売されているタイから輸入していますので、トライしたいかたはぜひ試してみてください。

002.JPG

駄菓子店ですから、昔のゲーセン似合ったゲームやおもちゃもあるので、香港風にアレンジした日本の駄菓子やが楽しめると思います。

003.JPG


★美楽士多
所在地:Room C, 12/F., Por Mee Factory Building, 500 Castle Peak Road, Cheung Sha Wan, Kowloon, Hong Kong (MTR茘枝角(Lai Chi Kok)駅B1出口から徒歩5分)
電話:9223 8538
営業時間:12:00~19:30

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で買いたいおすすめのお土産 Part 8

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について