トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 年末年始、旅行者が気をつけるべきこと(香港の場合)

香港香港/香港特派員ブログ

年末年始、旅行者が気をつけるべきこと(香港の場合)

カテゴリー:お題 / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 夜遊び・クラブ・お酒 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2017年12月19日

香港の年末年始は、観光客には理想的かもしれないです。というのは、クリスマスは祝日になるほど重要な日で、日本以上にクリスマス雰囲気やクリスマスディナーが楽しめる事。日本の正月3が日は、ある意味日本は都市機能がストップしてしまいますが、香港は旧正月の方が大事なので元日のみが祝日ですが、数ある祝日の1つと思って下さい。そして翌1月2日からは通常営業に戻るからです。


ですので、お店が休みとか気にせずに普通に観光できると思って下さい。ただ、観光客が多いですし、大みそかから元日にビクトリアハーバーで開催される花火大会は身動きができなく位なので気をつけたいところです。バーやレストランが集まる蘭桂坊(Lan Kwai Fong)もカウントダウンが行われますが、警察による入場のコントロールがされているほど集まりますので、早めに行く事をお勧めします。

001 NYCD 2017 mock up.jpg

2017年の花火大会(写真提供:HKTB)

002.JPG

蘭桂坊の大みそかのようす。一方通行になります。一度、出ると、最初から入り直す必要があります


治安ですが、元々女性が夜1人で歩いても大丈夫な街ですので、大きな心配をする必要はないです。もちろん、外国ですから油断はしないでください。交通機関ですが、地下鉄はクリスマスイブと大みそかは終日運転となりますので、香港の年末年始は"朝まで"楽しむことが可能です。

003.JPG

クリスマスイブと大みそかは終日運転になる地下鉄

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 年末年始、旅行者が気をつけるべきこと(香港の場合)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について