× 閉じる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > もしオクトパスの第一世代を持っていたら、交換してください

香港香港/香港特派員ブログ

もしオクトパスの第一世代を持っていたら、交換してください

カテゴリー:お金・通貨・両替 / 交通・鉄道・航空 投稿日:2017年11月13日

香港で最も普及している電子マネーは八達通(Octopus)と言います。日本で言えばSuica、ICOCAみたいなものです。地下鉄のタッチ式ゲートは日本より早く導入されています。1997年から発行され、累計数では香港の人口の4倍以上の延べ3100万枚にも上ります。地下鉄、バス、トラムなどで利用できるほか、9000の企業がオクトパスに参加して、2万店で利用できる非常に利便性の高い電子マネーです。


オクトパスの発行会社は10月18日から第1世代のオクトパスの交換を呼びかけています。交換場所は、地下鉄MTRの各駅にある客務中心(Customer Service)や指定された50のKioskで、無料で行ってくれます。


第1世代は1997年から2003年に発行されたもので、も新しいデザインになっています。世代の見分けかたですが、対象となる番号は「0000001」から「00050000までの番号を所有している人で、カードの角に8ケタの番号があり、その横にカッコと数字がなければ第一世代となります。上記の番号の失効は2018年の1月20日で、このあと対象を広げて2018年4月まで順次交換していきたいそうです。

IMG_20171104_0001-1.jpg

筆者のオクトパス。右下のグレーの塗りつぶしのところに番号があります。8ケタのみの番号でカッコがなければ、第一世代のオクトパスになります


現在、第1世代はまだ120万枚がまだ流通しています。もし、あなたの持っているオクトパスが第1世代で、失効期間までに香港に来る人は必ず交換してください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > もしオクトパスの第一世代を持っていたら、交換してください