× 閉じる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港ならではの"避風塘料理"の店「喜記」が銀座にオープン

香港香港/香港特派員ブログ

香港ならではの"避風塘料理"の店「喜記」が銀座にオープン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年10月29日

香港では台風が近づいた時に高潮から船が非難するところ避風塘(Typhoon Shelter)と言います。その昔、漁を営む蛋民(水上生活者)が常駐するようになり、さらには移民が住むなど1980年代までは香港仔(Aberdeen)をなどあちらこちらにありました。避風塘料理とは水上生活者が食べていた料理です。メインの素材はもちろん魚介類で、スパイシーな味付けなのが特徴です(一部提供写真:喜記)。


「喜記(Heigei)」は、銀座に2017年10月5日にオープンした避風塘料理の店で、1960年代の創業者の廖傳喜さんが始めた店です。今では湾仔(Wanchai)のほか広東省、四川省などにあります。中華圏以外では東京が初めての店です。座席数は30で、入口や店には香港らしい写真が飾られています。

006.jpg

店内の様子


同店の看板料理は「マッドクラブのチリガーリック炒め」(4800円)です。ベトナム産の雄、約500グラムのマッドクラブです。調理する前に客に生きた新鮮なカニを見せてくれます。辛さは基本的に中辛ですが、ウェイターに伝えれば辛さを調整してくれます。味ですが程よい辛さでガーリックを炒めたのがかかっていますから食欲が増します。

002.jpg

調理前のカニ

001.jpg

マッドクラブのチリガーリック炒め


今ではあちらこちらの中華料理店で食べられるようになりましたが「アサリの豆豉ソース炒め」(1200円)は避風塘料理が発祥。豆豉とは黒大豆に塩を加えて発行させたもので中華料理ではよく使われます。このソースとアサリ、長ネギ、スパイシーさを加えるためトウガラシで炒めます。最初はほんのり甘しょっぱい味で、その後にピリ辛味が来ます。この料理とマッドクラブはお酒が好きな人はビールにもぴったりです。

003.jpg

アサリの豆豉ソース炒め

004.jpg

調味料などは香港からの輸入ですが、多く食材は日本のモノを使っています。理由は「質が良い」からだそうです


人気なのが「焼きそばチリガーリック風味」(1000円)です。長ネギ、ガーリックというシンプルな焼きそばで、しょう油で味付けしているシンプルな料理なので日本人の口に合うと思います。

005.jpg

焼きそばチリガーリック風味


店のマネジャーは日本在住約30年の楊少華さんが流暢な日本語で私たちをもてなしてくれます。シェフは香港出身者などが中心で厨房では広東語が飛び交っていました。まだ、この料理を食べたことのない人は特に訪れてみてはいかがでしょうか?

007.jpg

店の入口


★喜記(Heigei)
所在地:東京都中央区銀座6-3-11西銀座ビル2F
電話:03-3289-0505
営業時間:ランチ=11:30~15:00、ディナー=17:30〜23:00(月~金曜)、17:30〜22:00(土日、祝日)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港ならではの"避風塘料理"の店「喜記」が銀座にオープン