× 閉じる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港ミニチュア展が9月29日からKITTEで開催

香港香港/香港特派員ブログ

香港ミニチュア展が9月29日からKITTEで開催

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2017年9月28日

2017年は香港の中国返還20周年ということで、記念イベントが香港のみならず日本でも開催されています。2017年9月29日から10月9日まで東京丸の内にある「KITTE」で「香港ミニチュア展」が開催されます。

IMG_20170928_0001.jpg

「香港のミニチュア?」ってあまりにテーマが大きすぎて何をミニチュアにするのか「???」とクエスチョンマークが並んでしまいますが、その対象となるのは、香港の街並みや風物詩となるもので、現物の12分の1のサイズで再現されています。香港の床屋、ブックスタンド、唐楼(香港ではあちらこちらにある建築様式)、質屋、トラム、バス、料理など、古い建物を中心にあらゆるものを再現しています。筆者が前回紹介した大坑ファイヤー・ドラゴンダンス」の様子を再現したミニチュアなどもあります。


このミニチュア展は2014年10月に池袋で開催されて以来3年ぶりです。今回はミニチュア作家の第一人者、黎熾明(Tony Lai)など17人にミニチュア作家の作品が日本未発表14点を含む48点が展示されますが、どんな作品が展示されるのかは、ぜひ会場に足を運んでみて確認して下さい。

1-Tenement Building.jpg

筆者は、香港での展示会に行ったことがあるのですが、その精巧な作りに舌を巻きました。ミニチュアのブラウン管テレビはちゃんと映像が映るようになっていますし、香港といえば道路の上に張り出された看板などが有名ですが、これもちゃんと光ります。当時一緒に行った香港の友人も「これは凄い」とビックリしていました。

4-Newspaper Stand.jpg

また、9月29日(11時~)、9月30、10月1日、7~9日(14時~、16時~)にはミニチュアの製作実演会が約1時間に渡って行われますので、これも注目です。プラモデルのジオラマを作る人にも参考になることでしょう。ち密な製作工程を見る価値はあると思います。


★香港ミニチュア展
場所:KITTE 1階アトリウム
住所:東京都千代田区丸の内7-2
アクセス:地下鉄丸ノ内線直結
電話:03-3451-5515
営業時間: 11:00~21:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港ミニチュア展が9月29日からKITTEで開催