トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港のアカデミー賞作品賞を受賞した『十年』が日本で上映

香港香港/香港特派員ブログ

香港のアカデミー賞作品賞を受賞した『十年』が日本で上映

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2017年7月18日

香港のアカデミー賞である金像奨(Hong Kong Movie Awards)で、2016年に作品賞を受賞した「十年(10 Years)」が7月22日より新宿にあるK's cinemaを皮きりに全国順次公開されることになりました。


映画は大体大手映画会社が製作した作品が受賞しますが、この作品は50万香港ドル(約750万円)というインディー作品であったというところに価値があります。小さな作品だったので、公開最初は単館上映で注目されていなかったことがわかるかと思いますが、観賞をした人による口コミやSNSで広がって上映館が増えたり、近所のコミュニティー施設で上映会を開催などもして香港で大きな話題となりました。その映画が日本に上陸することになり、日本の香港映画ファンでも喜びの声が上がっています。

サブ04_焼身自殺者.jpg

香港人の共感を呼んだのは、10年後の香港の姿がかなり現実的に起こりそうな形で描がれている点です。『エキストラ』、『冬のセミ』、『方言』、『焼身自殺者』、『地元産の卵』という5作のショートムービーで、5人の新鋭映画監督がメガホンを取っています。いずれも新進気鋭の監督なので、新しい映画の形で将来の香港を表現していると言えるでしょう。


ちょうど2017年7月1日で香港は中国返還20周年を迎えた節目の年です。香港映画といえばジャッキー・チェンのアクション映画を思い浮かべがちですが、今の香港を知る上でも見る価値が高い映画だと思います。

メイン05_地元産の卵.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港のアカデミー賞作品賞を受賞した『十年』が日本で上映

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について