トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 旧正月用に作られたローカルブランドの商品の販売会

香港香港/香港特派員ブログ

旧正月用に作られたローカルブランドの商品の販売会

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2017年1月27日

2017年の旧正月は2月28日からですが、それに先立ち、香港で有名なローカルブランドが一堂に介した販売会が中環(Central)地区の置地広場(Landmark)で開催されました。旧正月にまつわりつつ、香港のらしい商品を買う事ができたので、地元香港人のみならず、観光客も多く訪れるなど大勢の人でにぎわいました。

001 CNY at landmark.jpg

出展したのは歴史があったり、香港らしい店で、旧正月に合わせて包装の1部を赤くしたりしていました。具体的な店を見ていきましょう。「益昌號( Yick Cheong Ho)」は1951年創業で、エビをペースト状にした食材を売っていました。これは野菜炒めなどによく使われます。「工夫茶舍(Gong Fu Teahouse)」は半世紀以上の歴史を持つ中国茶の店です。特にプーアル茶とウーロン茶はなかなか手に入りにくい最高級のお茶を手に入られる事で知られています。「蛋卷皇后(Eggroll Queen)」1970年代に出来た店で、エッグロールが販売されました。香港のエッグロールはクレープの皮を丸めてパリパリな食感に仕立てたもので、香港ではよく食べられるお菓子です。この他にも、食器を扱う「粵東磁廠(Yuet Tung China Works)」や麺を売る「張榮記(Cheung Wing Kee)」といった店もありました。

002 CNY at landmark.jpg

004 CNY at landmark Cheung Wing Kee.jpg

005 CNY at Landmark Yuet Tung China Works.jpg

ちなみにこの置地広場は、ルイ。ヴィトン、シャネル、カルティエ、ディオール、フェンディ、グッチ、ミュウミュウ、プラダ、サンローランなどほぼすべてのブランドを網羅しているというファッションビルです。また、ここにあるカフェ・レストランのCafé Landmarkは世界中の料理が食べられるのですが、香港のセレブ御用達の食事処として有名です。これからもイベントも沢山開かれる予定なので、置地広場にいけば観光客を楽しませてくれることでしょう。

003 CNY at landmark.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 旧正月用に作られたローカルブランドの商品の販売会

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について