トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 屯門地区からマカオへの新しいフェリールート

香港香港/香港特派員ブログ

屯門地区からマカオへの新しいフェリールート

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2016年4月28日

カジノの街、マカオは世界遺産がたくさんあり、観光客がたくさん訪れますが、香港からマカオに行くには、上環(Sheung Wan)、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)、香港国際空港からフェリーを使うのが一般的でした。最近、さらに香港北西部にある屯門(Tuen Mun)という場所からもマカオに向かうことができるようになり、マカオに行くための選択肢が増えました。屯門のフェリーターミナルの場所は、ショッピングモール、海趣坊(Ocean Walk)のすぐ南側にあります。

tuen mun to macau ferry-1.jpg

具体的には、屯門発外港フェリーターミナル行き(マカオで一番使われているフェリーターミナル)が1日6便(帰りも同様)、タイパ行きが1日1便となっています。
価格はエコノミークラスで屯田発が平日昼は164香港ドル、週末、祝日昼が177香港ドル、夜便(平日、祝日問わず)が200香港ドルになっています。マカオ発は平日昼が153香港ドル、週末、祝日昼が166香港ドル、夜便(同)が189香港ドルです。所要時間は約60分となっています。フェリーは多くの観光客が乗船することが多いので、当日、チケット購入するとしても3時間や4時間先の便になることが少なくありません。旅行代理店やオンラインで購入することをお勧めいたします。

tuen mun to macau ferry-2.jpg

また、この屯門からは深圳にある宝安国際空港を結ぶルートも今回のマカオ線と一緒に開設されています。屯門発が1日2便、空港発が1日1便、チケットは235香港ドルです。所要時間は約40分ですが、一部は香港国際空港経由ですので、その場合は約1時間40分となります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 屯門地区からマカオへの新しいフェリールート

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について