トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > (安全情報)「セントラル占拠」について その2

香港香港/香港特派員ブログ

(安全情報)「セントラル占拠」について その2

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2014年10月 4日

以前、「占領中環 Occupy Central」について書き、その後、日本でも報道されましたがデモ隊に香港警察が催涙弾を打つという事態にまで発展しました。そして10月3日に親中派とマフィアらしき集団がデモ隊を襲撃するという事件が起こりました。

デモの名前はセントラルですが、実際にはその隣町の政府庁舎がある金鐘(Admiralty)で行われています。催涙弾後は、湾仔(Wanchai)、銅鑼湾(Causeway Bay、旺角(Mong Kok)にデモが拡大しています。観光の中心部ばかりということで「占領繁華街」の様相を呈しています。

001 mong kok protest.jpg

交通機関ですが、バスが使えなくなったり、ルートの変更が行われています。幸いなことに地下鉄は平常通りに運行しているので、主要な観光地にはほぼ間違いなくたどり着けます。お店が閉店しているとの話ですが、とおり沿いの店は閉めているところが多いですが、裏一本はいると通常営業になっています。例えば、旺角では、弥敦道(Nathan Road)と(Argyle Street)との交差点が事件の舞台ですが、そこにはこれといった観光客向けのお店は多くありません。同地の観光の目玉である女人街はそこから道路2本東側にあり、そこにはデモ隊はおらずいつもの光景が広がっています。


ですので、観光はほぼ希望通りにできるはずです。それどころかデモの影響で人が減っており、人が少なくて買い物が楽かも知れません。改めてお伝えしたいのは、観光の鉄則ですが「絶対にデモの現場には近づかない」ことです。身の安全を第一に考えて行動してもらえれば、買い物も、足つぼマッサージも、中華料理も堪能できます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > (安全情報)「セントラル占拠」について その2

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について