トップ > 北米 > アラスカ > ホーマー特派員 > Snowshoe Hare スノーシューヘア

アラスカアラスカ/ホーマー特派員ブログ

Snowshoe Hare スノーシューヘア

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2019年2月11日

Hare(野うさぎ)と Rabbit(うさぎ)の違いって何でしょう???


Hare(野うさぎ)は、生まれたときに毛がすでに生えていて、目が見えて、生後1・2日で跳び回ることができます。一方Rabbit(ラビット・ウサギ)は生まれたときには丸坊主で毛が生えてなく、目が見えるまでには1週間以上かかります、そしてウサギは巣(Den)を作りますが、野ウサギ(Hare)には巣がありません。


さて、アラスカでよくみられるこの小柄なSnowshoe Hareは他のウサギに比べて後ろ足が大きいので、またの名を【かんじき】(スノーシュー)うさぎと呼ばれています。

何故後ろ足が大きくなったかというと、雪にはまらないためになんですね。寒い雪や氷の上を歩いても凍えないように足の裏にもしっかり毛が生えています。

夏は毛が茶色、冬には敵から身を守るために白くなります。


アラスカではこのスノーシューヘアをハンティングする事、そして罠で捕まえること(トラッピング)ができます!
16歳以上はライセンスが必要ですが、16歳以下でライセンスがなくても、ライセンスを持っている大人と一緒に行けばできます。


と、言う事でうちのお坊ちゃん、今週末にトラッピングに行って来ました。


そして野兎(もとい、かんじきウサギ)と一緒に帰ってきました。
000.jpg

あー。。。野ウサギ。。。。調理したことがない。。。


ちゃんと、きれいにして持って帰ってきてくれたから、調理しないわけにはいかない。


プリっぷりの筋肉質な野生の贅沢なお肉。。。

おお!こんなきれいな赤身の肉、素晴らしくって写真に撮っておかなければ!シャッターチャーンス!(変?)

20190210_151453.jpg
 

子供には勉強させられます。

本当に、日々是学ぶことがいっぱい。

明日は野ウサギシチューに挑戦。


instagram:@betteringmom
facebook:フェースブック

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

裕子

アラスカ・ホーマー特派員の裕子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アラスカアラスカ/ホーマー特派員
名前:裕子

裕子

はじめまして!アラスカ州からお便りを送らせていただきます。 子供時代、70年代後半から80年代にかけてをモスクワで8年間。どう言う訳か敵国(?)のアメリカ、そして又もや寒い地に住んでいます。流れと勢いに任せてアラスカのアンカレッジから車で5時間程南下した所にある小さな町ホーマーまで辿り着きました。 美味しいものと、美しい大自然を堪能する事、健康には目がありません。現在2人の子育てに奮闘中。息子は釣りに夢中、娘は動物好き、ホーマー生活を発信します。 DISQUS ID @disqus_3hg29p12yC

ホーマー特派員トップにもどる

ホーマー(アラスカ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ホーマー特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アラスカ > ホーマー特派員 > Snowshoe Hare スノーシューヘア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について