トップ > 日本 > 北杜・山梨特派員 > 水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』

日本国内日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年5月22日

CIMG0913.JPG
八ヶ岳も雪解けの季節を迎え、夏の顔を見せ始めました。(5月20日撮影)
CIMG0911.JPG
八ヶ岳、南アルプス連峰、富士山を望むことができる『八ヶ岳高原大橋』 です。
ここから車で10分ほどのところにある、川俣川東沢渓谷の『吐竜(どりゅう)の滝』へ行ってきました。
CIMG0829.JPG
駐車場の前にある入口の看板です。さあ、出発。レッツゴー!
CIMG0831.JPG
あ、いきなり「クマ出没注意」の看板。
CIMG0833.JPG
渓谷道は、大きな石もたくさんある土を踏み固めた道です。スニーカーなどの歩きやすい靴の方がいいですね。
CIMG0837.JPG
少し歩くと、小海線の高架の下を通ります。小海線が通ったら、ラッキーかも。
CIMG0839.JPG
そして、その先の小さな橋を渡って。
CIMG0842.JPG
あ、ついた。のんびり歩いて6~7分ほどでした。
CIMG0849.JPG
おお! 『吐竜の滝』だ~!
CIMG0873.JPG
岩間からいく筋も流れ落ちる清流が、竜が水を吐くように見えたんですね。
ここ川俣川東沢渓谷は、日本名水百選のひとつ「八ヶ岳南麓湧水群」が集まって流れ出す清流です。
『吐竜の滝』は、その代表格。澄んだ湧水が集まって木々の緑と融合し、この滝を作り上げています。
秋には彩り豊かな紅葉が美しく、冬には滝の結氷も見られるそうです。
CIMG0857.JPG
夏には、苔も見ごたえがあります。滝の水分をたっぷり吸って、緑濃くイキイキとしていました。
気持ちいいなあ。うーん、リフレッシュする。
CIMG0894.JPG
足もとの小さな野の花に目を留めながら歩くのも、楽しいですよ。マムシグサが咲いていました。
CIMG0887.JPG
エゾノタチツボスミレだよね? 可憐~♩ 初めて見た。


『吐竜の滝』は、川俣川東沢渓谷道の入口でもあります。
「獅子岩橋」「行者の滝」「天狗岩橋」などを経由して「東沢大橋」へと歩くことができます。
『吐竜の滝』より先は、山道と言っていい足場の悪い道になるようです。山歩き用の靴の方がいいでしょう。
5月も半ばを過ぎましたが、この日(5月20日)朝10時の気温は12℃で、肌寒いくらいでした。
これから暑い季節がやってきますね。
清流の白と木々の緑と涼やかな風にホッとする、おススメの癒しスポットですよ。


『吐竜の滝』
住所 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1

アクセス(駐車場まで)
【車】 中央自動車道・長坂ICから車で約20分
県道28号線、八ヶ岳高原大橋(黄色い橋)を渡り坂道を上ったあたり、「吐竜の滝」看板を左折
※28号線より先、道幅が狭いため普通車以上の車の通行はできません。
【電車】 JR小海線・清里駅下車、清里ピクニックバス(期間限定)で「吐竜の滝入口」下車、徒歩約25分
【タクシー】 JR小海線・甲斐大泉駅もしくは清里駅からタクシー約10分
(八ヶ岳観光タクシー Tel: 0120-48-1455/清里観光タクシー Tel: 0551-48-2021)
駐車場 15台程
北杜市観光協会「ほくとナビ」
https://www.hokuto-kanko.jp/guide/doryu-no-taki_waterfall-kawamata-valley


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員の水月さえが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/北杜・山梨特派員
名前:水月さえ

水月さえ

2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

北杜・山梨特派員トップにもどる


山梨県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北杜・山梨特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 北杜・山梨特派員 > 水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について