トップ > 日本 > 北杜・山梨特派員 > 田舎ならではの野菜が美味しい!隠れ家カフェ『cafeくじらぐも』

日本国内日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

田舎ならではの野菜が美味しい!隠れ家カフェ『cafeくじらぐも』

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年12月 1日

自然あふれる北杜には、美味しいものがいっぱいあります。
そのひとつが野菜です。
ほぼノーミートで、地もとの野菜を中心に料理を出している明野町の『くじらぐも』へ行ってみました。
隠れ家カフェとも言われるこのお店、150年ほど前に建てられた古民家を作りなおしたもので、お庭には、4匹の山羊と烏骨鶏やチャボたちがいます。
3-1.JPG
『くじらぐも』というお店の名前は、小学1年生の国語の教科書に載っていた童話からつけたそうです。童話の世界のような太鼓はしごがあるお庭にはハーブがいっぱい。
3-2.JPG
ウッドデッキにはハンモック。お子さん連れのお客様の憩いの場だそうです。
3-3.JPG
店内は、裸電球の灯りが温かい素朴な雰囲気です。大きな黒板もなつかしい感じで、温かみがありますね~
3-4.JPG
ワンプレートランチセット(税込み1,100円)は、野菜料理がたっぷり。天然酵母のパンor玄米ご飯が選べます。お味噌汁と、珈琲or紅茶orハーブティor野草茶もついています。
ほかにも、手作りケーキやサンドイッチなどもありますよ。
3-5.JPG
ハーブティと野草茶はお庭のハーブや野草で作ったものだそうです。
3-5 (2).JPG
トイレはここ。隠し扉になっていて、奥は店主のたつみご夫妻のお住まい。隠れ家っぽいです。
3-6.JPG
たつみご夫妻です。明るくおしゃべり好きな奥様と優しいご主人。初めて訪れた人でも、ホッと安らげるのは、おふたりの人柄だと思いました。奥様は手話を長く勉強していたそうで、お店のオーダーも手話OKです。
3-7.JPG
絵や写真、アート作品などを、企画展示していることもあります。
ワークショップ的な活動もしていて、10月には「野菜いっぱいのウスターソース作り」11月には「くるみを使った料理」など、参加者を集って行いました。12月13日(水)には「おせち料理作り」を予定しています。
ホームページをみて予約して、県外から参加する方もたくさんいるそうです。


ご縁ある方の作られた雑貨も、購入できます。82歳のザル職人さんが編んだザルも置いてありました。
3-8.JPG
スローライフな隠れ家カフェで、地もとの美味しい野菜料理を楽しんで、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?


『cafeくじらぐも』
営業時間 11:00~18:00 
定休日 12月は第2・4火と水・木(1月から火・水・木)
住所 山梨県北杜市明野町上手3144
電話 0551-25-4053
ホームページ http://cafe-kujiragumo.com/index.html


地図をズームするには、Ctrl キーを押しながらスクロールしてください


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員の水月さえが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/北杜・山梨特派員
名前:水月さえ

水月さえ

2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

北杜・山梨特派員トップにもどる


山梨県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北杜・山梨特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 北杜・山梨特派員 > 田舎ならではの野菜が美味しい!隠れ家カフェ『cafeくじらぐも』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について