× 閉じる

トップ > 日本 > 福島特派員 > 湯ノ花温泉共同浴場 "湯めぐり"

日本国内日本国内/福島特派員ブログ

湯ノ花温泉共同浴場 "湯めぐり"

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月27日

前沢の曲屋集落 を後にし、湯ノ花温泉 へ立ち寄ってみました。
湯ノ岐川沿いにある小さな温泉郷で、約700年の歴史を持つ舘岩地区の名湯です。
いずれも、ひなびた雰囲気が温泉ファンから高い支持を得ています。

共同浴場は4か所あり、200円の共通入浴券で湯めぐりが可能です。
今回は、星商店前の駐車場を起点に徒歩で巡りました。

こじんまりとしていますが、しいて言えば「湯端の湯」が若干離れています。

今回は「天神の湯」~「湯端の湯」~「弘法の湯」~「石湯」の順です。
(温泉街中心部にある星商店前の案内板)
IMG_1995 (640x427).jpg

湯めぐり中に持参する共通入浴券は、最後に入浴した共同浴場のチケットボックスに入れます。
IMG_2028 (640x427)t.jpg

【天神の湯】※混浴
IMG_2004 (640x427).jpg

かなり熱めの湯ですが、小さい方の浴槽は適温です。
IMG_2005 (640x427).jpg

続いて、駐車場からは徒歩で7~8分の「湯端の湯」へ。
途中、湯ノ岐川に見られる甌穴。この付近は、岩床が続いています。
IMG_2022 (640x428).jpg

湯ノ岐川に注ぐ支流に掛かる「白糸の滝」です。
IMG_2011 (640x427).jpg

【湯端の湯】※男女別湯
IMG_2013 (640x427).jpg

男湯の様子
サッパリとした印象の泉質で、丁度いい湯加減です。
IMG_2018 (640x427).jpg

因みに、地元の方専用の浴室もあります。
同じ道を駐車場へと戻り、続いて「弘法の湯」へ。

【弘法の湯】※男女別湯
こちらは他の共同浴場とは趣が異なります。
ロッカーやシャワーも設置されており、ひなびた雰囲気が苦手な方でも楽しめます。
IMG_2023 (640x426).jpg

入口にある高野槙
かつて、和歌山県の高野山から移植されたものとのことです。
IMG_2032 (640x427).jpg

扉を開けると、明るく開放的なロビー兼ロッカールームとなります。
IMG_2024 (640x428).jpg

男湯の様子
シャワーは2基。お湯は柔らかく、こちらも適温です♪
IMG_2029 (640x427).jpg

弘法の湯を出て、駐車場から湯ノ岐川沿いへと下りて行きます。
IMG_2036 (640x427).jpg

湯ノ岐川に掛かる橋を渡ります。
IMG_2037 (640x427).jpg

橋の上から、左岸に建つ石湯を望みます。
IMG_2038 (640x428).jpg

【石湯】※混浴
雪で分かり難いですが、建物が手前にある大岩の一部を包んでいます。
IMG_2040 (640x427).jpg

脱衣スペースから、石をくり抜いた湯舟と大岩です。
IMG_2048 (640x427).jpg

源泉は2つでしょうか?
かなり熱いお湯が2ヶ所から流れ込んでいます。
IMG_2049 (640x427).jpg

衝立を挟んで川側の小さな浴槽↓
小さく浅いのですが、こちらは適温です^^;
IMG_2046 (640x427).jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ  人気ブログランキングへ


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

bill

日本国内・福島特派員のbillが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/福島特派員
名前:bill

bill

福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

福島特派員トップにもどる

福島に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

福島特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 福島特派員 > 湯ノ花温泉共同浴場 "湯めぐり"