× 閉じる

トップ > 日本 > 福井特派員 > 週末は福鉄電車に乗って

日本国内日本国内/福井特派員ブログ

週末は福鉄電車に乗って

カテゴリー: 投稿日:2017年8月12日

福井も毎日暑い日が続いています。
家を出るのもつい億劫になりがちですが、
こんな日は涼しい電車に乗って一日過ごすに限ります。
そんなものでカメラ片手に福鉄電車でウロウロと。


DSC00727.jpg


福井鉄道では土日祝日にフリーきっぷを発売中。
福井〜越前武生の片道運賃が400円なのに対し、
お値段550円なのでかなりお得な感じが(笑)
福井駅ならインフォメーションセンターで、
電車内でも購入可能。


DSC00191.jpg

DSC00198.jpg

DSC00811.jpg


この日は「山の日」だったもので、
少しばかり山でも歩いてみようと鯖江市の水落駅で下車。
長泉寺山(標高112メートル)を目指す。
福井県平和祈念館の脇に登山口が。


DSC00812.jpg


山頂が近づくと、登山道の脇には多くの石像が並んでいる。


DSC00816.jpg

DSC00818.jpg


20分も歩けば山頂に到達。
このあたりは西山公園として整備されており、
春はつつじ、秋は紅葉が美しい。
福井県内では東尋坊、恐竜博物館と並ぶ人気の観光スポット。


DSC06498.jpg

DSC09183.jpg


西山公園には小さな動物園があり、
レッサーパンダが人気。
入園無料。


DSC00833.jpg

DSC00824.jpg

DSC00837.jpg


市街地へと下り、西鯖江駅へ。
昼食は武生へ行ってボルガライスでも食べよう。
ボルガライスは簡単に言えばオムライスの上にカツが載った越前市武生地区の名物料理。
終点の越前武生駅の一つ手前、北府駅で下車。


DSC00839.jpg


駅から10分ほど歩けばお気に入りの洋食屋さんがあるのだけど、
閉店していた(涙)


DSC00845.jpg


こちらのお店、高齢のご夫婦がやってて、一昨年一度閉められて、また再開されて、
そんな流れがあったのだけど、
ついに、といった感じ。
色々お世話になり、ありがとうございました。


DSC00846.jpg


そんなもので新規開拓。
今回は「中華風」ボルガライスを提供している珍々飯店さんへ。


DSC00847.jpg


珍々飯店さんのボルガライスは、
天津飯の上にカツが載っているといった方がいいのかな。
なかなかのボリュームで、満足度も高い。
ごちそうさまでした。


DSC00849.jpg


この日はあまりの暑さに散策は避けたけど、
武生は昭和の香りが色濃く残り、
いつ歩いても何だか懐かしい気持ちになる。
もう少し涼しくなったらじっくり紹介します。


DSC05281.jpg

DSC05280.jpg


帰路は昨年12月にデビューした福井鉄道の最新車両、
「さくら色」のフクラムに乗車。


DSC00854.jpg


この車両には1つだけ「ハート型」のつり革があり、女子高生に人気だとか。
でもちょっとオジサンには気恥ずかしい(笑)


DSC00493.jpg


僕はこんな感じで毎週福井県内の小さな旅を楽しんでます。
さて、来週はどこに行くかな、、、、


DSC00860.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

四ツ葉来

日本国内・福井特派員の四ツ葉来が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/福井特派員
名前:四ツ葉来

四ツ葉来

兵庫県出身、2014年より福井市在住。鉄道やバスなどの公共交通と昼酒をこよなく愛し、日頃からカメラ片手に近隣の町をウロウロ徘徊中。福井はあまりメディアに取り上げられることはないかもしれないけれど、ヨソモノから見れば様々な文化が入り混じった非常に魅力的な地域です。そんな福井の一面をお伝えできれば、と思っています。
ブログ「北陸徘徊人」

福井特派員トップにもどる

福井に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

福井特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 福井特派員 > 週末は福鉄電車に乗って