トップ > ヨーロッパ > ドイツ > フランクフルト特派員 > この時期ドイツで見られる花「芍薬」

ドイツドイツ/フランクフルト特派員ブログ

この時期ドイツで見られる花「芍薬」

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年5月22日

5月後半から6月にかけてのこの時期は、ドイツ各地で芍薬が見頃を迎えます。


P6037823.JPG
筆者の家の庭でも、いまちょうどピンクの芍薬が満開。とても大きな花をいくつも咲かせ、蜜の香りに誘われてハチがひっきりなしに訪れています。香りがとても強いので、切り花にして部屋に飾ると部屋中が芍薬の甘い香りに包まれますよ。とはいえ少々甘ったるい香りなので、苦手な方もいらっしゃるかもしれません。


P6037812.JPG
ところで、芍薬はドイツ語で「Pfingstrose」と言います。「Pfingst」は「聖霊降臨祭」、「Rose」は「バラ」を意味し、聖霊降臨祭の時期に咲くため、このような名前が付けられているのです。


芍薬は寒さにも強く、ドイツの寒い冬も根が土の中でじっと耐え、春になるとしだいに茎が伸びてきます。そしてこの時期に満開となるわけですが、その凛とした美しさはやはり厳しい冬を耐え抜いたからこそにじみ出るものなのかもしれません。


P5245274.JPG
芍薬の花が咲いているのを見ると、「もう夏はすぐそこ」と花が告げてくれているかのような気分になる筆者です。


All Photos & Text: Asami Severini

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

セベリーニ亜沙美

ドイツ・フランクフルト特派員のセベリーニ亜沙美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/フランクフルト特派員
名前:セベリーニ亜沙美

セベリーニ亜沙美

2012年よりドイツ在住。ニュース翻訳(独→日)のほか現地の観光、留学、文化について執筆、様々な媒体に寄稿。王道スポットからガイドブックに載らないような穴場まで、ドイツの魅力や現地の生活事情を紹介する。立教大学卒業。現在はフランクフルト大学大学院に在籍中。ブログ「Good Time Germany」、TwitterInstagram連絡先 DISQUS ID @disqus_Rf9JRrlH6J

フランクフルト特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

フランクフルトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

フランクフルト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > フランクフルト特派員 > この時期ドイツで見られる花「芍薬」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について