トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > ホワイトチョコのススメ

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

ホワイトチョコのススメ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年2月 8日

こんにちは。ドイツ デュッセルドルフより、もちむさがお送りします。


2月に入り、冬場の晴れが少ないデュッセルドルフにも、時折、終日晴天の日が出てきました。
そんなデュッセルドルフ、今週末はカーニバルのイベントが行われ、楽しい週です。


例えば今日は「女性のカーニバルAltweiberfast」の日。
今日は男性はネクタイをしめていると、ハサミを持った女性にネクタイを切られてしまうという、女性無礼講の日。
女性が主役の日で、男性にとってはちょっと怖い日かもしれませんが、ノリノリの方は切られてもいいネクタイをしめて出勤されるそうです。
私も男性だったら、ぜひ一度やられてみたい!


冬に女性が主役のイベントといえば、来週はバレンタインデーですね。
そして日本でバレンタインといえばもちろんチョコレート!
ドイツにはお手頃でおいしいチョコレートがたくさんあるので、ぜひチョコレートを楽しんでいただきたいです。
P1080011.JPG

例えば、ドイツらしいのが「マジパン」入りの板チョコ。
P1080012.JPG
マジパンは、ドイツ リューベックの街が有名ですが、日本でイメージするマジパンより、すごく食べやすく、スーパーで気軽に買える写真のようなリッタースポーツ社の板チョコにもマジパン入りがあったりするのでぜひ一度お試しを!


そして、日本人にも知られているミルカのチョコレート。
P1080013.JPG
よく、オレオなどほかのお菓子とのコラボバージョンの板チョコミルカが販売されているのですが、こちらもいろいろなバリエーションがあるので、すごく楽しいので大好きです。


また、ドイツで定番ビスケットのLEIBNIZ。
P1080014.JPG
よく、息子のおやつにこちらのシンプルなビスケットを買うのですが、こちらにも写真のような限定ブラックフレーバー(これはダブルチョコ)が販売されます。そもそもシンプルなビスケットのみのものや、それにチョコレートがついたものなどがあるのですが、それがさらにホワイトチョコになったり、ビスケットとチョコレートが白黒反転したフレーバーになったりするので、いつもと一味違うLEIBNIZもおいしいです。


そして、そして、ようやくタイトルの「ホワイトチョコ」。
P1080057.JPG
実は私、ホワイトチョコは苦手なんですが、ドイツのホワイトチョコはおいしく食べられます。


写真のもの以外にもいくつか食べてみたのですが、日本では苦手だったのに、ドイツでは大丈夫。
なんとなく、日本のホワイトチョコとドイツのホワイトチョコは後味が違うと感じています。


この話をほかの方にしたところ、ほかにもドイツのホワイトチョコは大丈夫だという方がいたのでぜひホワイトチョコが苦手な方も一度ドイツのホワイトチョコを試していただきたい!
ぜひ、バレンタインにはホワイトチョコもおすすめですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員のもちむさが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員
名前:もちむさ

もちむさ

2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

デュッセルドルフを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > ホワイトチョコのススメ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について