× 閉じる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~

インドインド/デリー特派員ブログ

インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~

カテゴリー:お題 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2017年1月29日

インドで暮らしていて、たばこについて感じるのは、「日本ほど喫煙者は肩身が狭くはないのではないか?」ということです。路上のあちこちにたばこ屋があり、一服している人を見かけます(ただし、男性ばかり)。インド人にとっては、たばこよりも酒のほうが「悪」というイメージがあるような気がします。ただ、スィク教徒(おなじみのターバンを巻いた人たち)は例外で、彼らにとって、たばこは「禁忌」とのことです。
T1.jpg


たばこへの寛容な考え方からでしょうか、かつては飲食店やバス、列車、映画館の中ででも自由に喫煙できたそうです。ただ、ここ15年ほどで当局側も厳しく規制するようになり、今は、映画館はもちろん、公共交通機関、飲食店の屋内は原則禁煙が義務づけられています。飲食店の外には灰皿が置かれていて、寒空の下で吸っている人もいます(↓インド産、輸入品など銘柄はさまざま)。
T2.jpg


公共スペース屋内での喫煙が禁じられている一方、路上での喫煙は野放し状態です(チャンディーガルなどスィク教徒の多いパンジャーブ州の一部の都市では路上喫煙禁止のところも!注意!)。この規制の粗さがいかにもインド・・・。歩きたばこに関する規制もありません。ただ、歩きながらたばこを吸っている人はそんなに見かけません。というのも、インド人にとって、たばこは「たばこ屋の店先で吸うもの」という意識があるような気がするのです。
T4.jpg


日本などの国では、10本入りの箱を買うのが普通ですが、インドでは1本ずつバラ売りで買う方が一般的です。1本10ルピー~15ルピー(約17円~25円)ほどで、ライターやマッチも店先に用意されています。こういったたばこ屋は、チャーイ(インドのミルクティー)を作っていることも多く、チャーイ片手にたばこをふかすというのが、ひとつの気分転換方法なのでしょう。
T3.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~