トップ > アジア > インド > デリー特派員 > アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟

インドインド/デリー特派員ブログ

アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年1月16日

北インドにはタージ・マハルやフマユーン廟などムガール王朝時代の実力者の墓が数多く残されています。造りは似ていて、広い庭園の入口を入ると、長い通路(水路つき)があり、中央奥に墓廟がそびえている、墓廟の周りは4本の塔が囲む・・・といったところでしょうか。もちろん、細かく見ていくと違いはたくさんあります。↓タージ・マハルとフマユーン廟
ss1.jpg ss2.jpg


南デリー中心部にひっそりたたずむサフダルジャング廟もムガール王朝時代に建てられた墓のひとつです。地下鉄イエローラインのJor Bagh駅すぐ近くで、アクセスは抜群。隣のINA駅には、デリー市民の台所、INA(アイエヌエー)マーケットやお土産品探しにぴったりのDilli Haat(ディッリー・ハート)があるので併せて訪ねてもいいと思います。↓ディッリー・ハートの入口
ss3.jpg


世界遺産となっているタージ・マハルやフマユーン廟と比べるとなんとも地味な作りですが、観光客も少なく、警備も薄いので、ゆっくりと見ることができます。入場料は外国人が200ルピー(約340円)、インド人は15ルピー(約25円)。日の出から日没までオープンしています。
ss4.jpg


園内の看板によると、ムガール王朝時代のアワド地方の領主だったサフダルジャンさんという人の墓を、1753年から1754年にかけてその息子が造ったものということです。建設で用いた大理石や砂岩は、なんと、別人の墓から持ってきたものだそうです。
ss5.jpg


墓廟の天井の模様は今もきれいに残っています。
ss6.jpg ss7.jpg


ガードされているでもなく、中央にさり気なく鎮座するお墓。
ss8.jpg


よく見てみると鳩のふんが・・・。
ss9.jpg


墓廟の周辺は芝生が敷き詰められています。色鮮やかな花たち。
ss11.jpg ss12.jpg ss10.jpg


作業員の男性ふたり。ターバン姿がとても渋いです。
ss13.jpg


この公園、インド人カップルのデートスポットのようで、至るところでイチャイチャしていました。ここに限らず公園はどこでもデートスポットですが。
ss15.jpg ss14.jpg


無理して行くべき場所ではない気がしますが、空き時間ができたときやのんびりしたいときに足を運んでみてもいいかなあという場所です。アクセスしやすいのがありがたいですね。
IMG_20170108_140807 (480x360).jpg


*****Safdarjung tomb(サフダルジャング廟)*****
住所:Intersection of Safdarjung Road and Aurobindo Marg
   地下鉄イエローラインJor Bagh駅すぐ
オープン時間:日の出~日没
入園料:外国人200ルピー(約340円)、インド人15ルピー(約25円)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について