トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インド式英語の発音を知る~t~

インドインド/デリー特派員ブログ

インド式英語の発音を知る~t~

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年9月29日

前回に引き続き、インドの発音についてです。今回紹介するのは、「th」の発音。これを聞いて、初めて英語を習ったときのことを思い出す方もいるかと思います。英語ではこの「th」、「ス」というように発音するかと思います。ところが、です。ヒンディー語では、「th」は完全に「タ行」になるのです。


例えばコンノート・プレースの南に延びる直線道路。お土産屋が並ぶことで知られている「Janpath Road」。「ジャンパス」と呼ばれることがありますが、正しくは「ジャンパト」です。それから、インド料理レストラン「Swagath」。「スワガス」と表記されることがあるのですが、通じません。「スワーガト」(ヒンディー語で「ようこそ」という意味)です。

 
「th」は「タ行」。この基本を覚えておくと、インド英語を聞いたときに気づくことがあるかと思います。例えば「Thank you」は「タンキュー」、「through」は「トゥルー」、「think」は「ティンク」と聞こえるはずです。


前回「r」は「ル」と発音することをお伝えしました。そうすると、例えば英語で「30(thirty)」をヒンディー語風に発音すると、どうなるでしょう? 
そう、「タルティ」です。うそじゃありません、本当です。ぜひリキシャの交渉で「タルティ・ルピー」と言ってみてください。驚くほど通じるのですよ!↓ヒンディー語教材。
hindi.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インド式英語の発音を知る~t~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について