× 閉じる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インド式英語の発音を知る~「r」~

インドインド/デリー特派員ブログ

インド式英語の発音を知る~「r」~

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年9月25日

インドといえば英語が通じる、というのは、一面ではそうかもしれません。旅行者がいくような観光地では、チケットの予約や食事のオーダー、タクシーやオートリキシャの交渉などは、だいたい英語で通じるものです。しかし、インドの公用語はヒンディー語。少し勉強していくだけでも、ぐっと旅行がしやすくなります。もちろん、旅行のために言語を学ぶのは大変です。そこで、おすすめしたいのが、ぜひヒンディー語の発音の基本だけでも押さえておくこと。英語で会話していても、「ヒンディー語風の発音」で話せば、ぐんと通じるようになります(↓本格的にヒンディー語を勉強する人用の辞書)。
zisyo.jpg


最初に覚えておくと便利なのが、「r」の発音。インドでは、「r」を必ず「ル」と発音します。これがインド英語の特徴にもなっています。例えば「super market」。日本人は「r」を音引きで発音するので、「スーパーマーケット」となります。しかし、インド人は「スーパル・マルケット」。日本風に「スーパーマーケット」と言っても通じないこともあります。ガイドブックや地図によっては、この基本を押さえていないので、誤った地名の発音表記がされているケースが多々あります。例えばインターネットの地図で、デリーの地名を見てみると、「サロジニ・ナガー(Sarojini Nagar)」「サフダージャン(Safdarjang)」「ガードワーラー・ロード(Gurdwala Road)」など・・・。正確には、「サロジニ・ナガル」「サフダルジャン」「グルドワーラー・ロード」と発音します(↓waterは「ウォータル」。ヒンディー語では「パーニー」)。
mizu.jpg


おそらく、日本語表記を作った人が英語風の発音に引きずられ、「Gurdwala」を「ガードワーラー」などとしたのでしょう。しかし、この通りに発音しても、インドではほとんど通じることはありません。「r」は「ル」。この基本を押さえると、「公園」は「パーク」ではなく「パルク」、「バザー」は「バザール」、「鳥」は「バルド」となりますね。そう、それでインドではすっきりと通じるんです! ぜひ試してみてください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インド式英語の発音を知る~「r」~