トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 新聞広告から読み取るインドの結婚事情

インドインド/デリー特派員ブログ

新聞広告から読み取るインドの結婚事情

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2015年3月27日

"SM4 extremely H'sme"   "PQM4 PB girl" 

この暗号のようなフレーズ、何を指しているか、想像がつくでしょうか。
略さずに書くと、おそらく、
"(wanted a bride) suitable match for extremely handsome "
"(wanted a groom) professionally qualified match for punjabi girl"  になります。
「きわめてハンサムな男性にお似合いの花嫁募集」「パンジャーブ人の女の子に似合う仕事のデキル花婿募集」といったところでしょうか。
そう、これは、結婚相手を募集するインドの新聞広告から抜粋したフレーズなのです。インドでは、「アレンジド・マリッジ」(両親が結婚相手を決める慣習)がまだまだ主流。毎週、日曜の新聞には、子どもの結婚相手を募集する広告が、2~3ページに上って掲載されています。
11.jpg


募集する花婿/花嫁の条件は細かく「カースト」「宗教」「職業」などのカテゴリーで分かれています。
カースト別では▼BRAHMIN(バラモン、司祭カースト)▼KAYASTHA(カーヤスタ、書記カースト)▼VAISH(バイシャ、市民カーストの総称)・・・といった感じで、宗教別は▼HINDU(ヒンドゥー教)▼MUSLIM(イスラム教)▼SIKH(スィック教)・・・、職業別では▼DOCTOR(医者)▼GOVERMENT(公務員)▼LAWYER(弁護士)・・・などとなっています。
その他、NRI(インド国外居住者)、RE-MARRIAGE(再婚者)、CASTE NO BAR(カースト不問)などたくさんのカテゴリーが。

22.jpg


「私たちは、ハイステータスな家族です」「スリムで色白で有能な娘です」「現在アメリカに住んでいる35歳から39歳までのハンサムで高学歴のヒンドゥー教の男性を募集します」――。なんとも強気な文句が並んでいるのは、この国ではさもありなん、です。


それよりも個人的に興味を持ったのは、「1985年3月22日16時生まれ」「1988年1月25日4時14分生まれ」などのように、募集する側の生まれた日にちが時間まで細かく書かれていることです。インド人に聞いてみると、ホロスコープでふたりの相性を調べるために必要なのだそうです。インド人(特にヒンドゥー教徒)が占いを強く信じていることをこんなところでも実感しました。


ただ、この新聞広告を通じての結婚、会ってみたらPR文とはまったく違っていた、とか、花嫁側から持参金を受け取るやいなや花婿側家族が行方をくらましてしまった・・・など、トラブルになることもチラホラ。
この広告で結婚相手を決める、というよりは、口コミやインターネットなどとあわせて、「選択肢のひとつ」くらいにとらえている人が多いようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 新聞広告から読み取るインドの結婚事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について