× 閉じる

トップ > 中南米 > ペルー > クスコ特派員 > メルヘンチックなカフェ:ラ・バレリアーナ

ペルーペルー/クスコ特派員ブログ

メルヘンチックなカフェ:ラ・バレリアーナ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2016年8月30日

valeriana-01.JPG


今回は、クスコの中でも「一押し」のお洒落カフェをご紹介します。
カフェの名前は、ラ・バレリア―ナ
バレリーナと間違えそうになりますが、これはペルーでもよく耳にする女性の名前で、「セイヨウカノコソウ」というハーブの名でもあります。


valeriana-02.JPG


場所は、アルマス広場から歩いて10分ほど、クスコのメインストリート:ソル通り(Av.Sol)沿いにあります。
コリカンチャ神殿(太陽の神殿)の反対側にあるので、すぐにわかります。
店先には白い自転車が停めてあって、何だかメルヘンチック。


中に入ってみると、家具などがアンティーク調で、シャンデリア風のランプなど、クスコにしてはかなりお洒落度が高いカフェです。
座席もソファーやベンチタイプの椅子など、好きな場所を選べます。(予約もできます)
内装も可愛いので、特に女性の方はきっと気に入ると思います。



valeriana-03.JPG


メニューも充実していて、サンドイッチ、キッシュ、エンパナーダ(ミートパイのようなもの)などの軽食から、ケーキやマフィン、クッキーなどの豊富なデザート類もあります。
クロワッサンなどのパン類もあり、テイクアウトもOK。
ドリンクも、コーヒーやお茶類、フルーツのフレッシュジュース、ミルクセーキなど色々あります。



valeriana-04.JPG


写真はケーキの陳列です。
今回は午前10時くらいに訪問したので、少し品ぞろえが少なめですが、ランチ前に商品の補充があるので、色々選びたい人はランチタイム以降がお勧めです。

valeriana-05.JPG

今回はせっかくなのでペルーらしいケーキをチョイスしてみました。

・アグアイマントのレアチーズケーキ
ペルー原産のフルーツ:アグアイマント(インカベリー、ゴールデンベリーとも呼ばれる)がトッピングされたチーズケーキ。
甘酸っぱいアグアイマントがチーズケーキとマッチして美味しいです。
レアチーズケーキの部分はやや固めで、もう少し柔らかくてもいいかも。
でも、甘さは控えめで日本人の口に合うと思います。

・ルクマクリームのカップケーキ
これまたペルー原産のフルーツ、ルクマのクリームがトッピングされたカップケーキ。
少し、ぱさぱさしていましたが、ルクマのぽくぽくした感じがクリームに合います。

アクセスもいいので、観光の途中にちょっとお茶を、という時にお勧めです。
また軽いランチをしたい時もいいですね。
地元の人よりも、観光客の利用の方が割合として多そうです。
スタッフは英語を話せるので安心ですね。

クスコに来たら、是非一度足を運んでみてくださいね!


La Valeriana
Avenida del Sol 576, Cusco
7:00 - 22:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

藤本 Jorge 亮治

ペルー・クスコ特派員の藤本 Jorge 亮治が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ペルーペルー/クスコ特派員
名前:藤本 Jorge 亮治

藤本 Jorge 亮治

クスコ特派員トップにもどる

クスコを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クスコ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ペルー > クスコ特派員 > メルヘンチックなカフェ:ラ・バレリアーナ