× 閉じる

トップ > 中南米 > ペルー > クスコ特派員 > ペルーの国民的シンガー・ジャンマルコがクスコにやって来た

ペルーペルー/クスコ特派員ブログ

ペルーの国民的シンガー・ジャンマルコがクスコにやって来た

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2016年8月 9日

gianmarco02.JPG

8月6日土曜日、クスコのアルマス広場で、ペルーの国民的シンガーソングライターであるジャン・マルコ(Gian Marco)がライブを行いました。
クスコに大物アーティストが来ることはなかなかないので、私も見に行ってきました。

ジャン・マルコは日本では知名度はほぼ全くないのですが、ペルーのリマ出身のアーティストで、ペルー国内では絶大な人気と知名度を誇っています。
ラテン・グラミー賞のベスト・シンガーソングライター・アルバムを3度受賞した経歴もあり、中南米ではその実力が認められています。
日本にも、在日ペルー人のために来日しコンサートをしたこともあります。

gianmarco01.JPG

今回のジャン・マルコのクスコでのライブは携帯電話のキャリアであるクラーロ社のプロモーションイベントのフェスティバル・クラーロ2016(Festival Claro 2016)の最初の公演として行われ、クスコの後はトルヒージョやイカでも同じ公演が行われます。
クスコでの会場はアルマス広場、クスコ市の歴史地区の中心部分にある広場で行われました。
広場はオープンな場所なので、このライブは誰でも無料で見ることができます。
クラーロ社は太っ腹ですね。
開始が20:00からということで、19:45頃にアルマス広場辺りに来てみると、すでにたくさんの人で大混雑。
こんなに混み合っているアルマス広場を見たことはありません。

gianmarco03.JPG

20:00になっても、どうせペルーでは時間通りに公演は始まらないだろうと油断していましたが、ぴったりに前振りもなくいきなりジャン・マルコご本人が登場。
アルマス広場に集まっていた観客もみんな油断していたので、サプライズの大きな歓声が上がりました。

gianmarco04.JPG

舞台セットはステージの両端にインカの十字架と呼ばれるチャカナの形をしたスクリーンが用意され、ジャンマルコの表情が良く見えるようになっています。
ジャンマルコは主にギターを弾き語りますが、時々チャランゴというアンデス発祥の小さな弦楽器を巧みに演奏しているのが、ペルー人のミュージシャンらしさを感じました。

gianmarco05.JPG

舞台の背景やスクリーンもペルーの伝統や遺跡をモチーフにしたものが多く、アンデスの織物の模様やマチュピチュ遺跡などの写真が使われていました。
最初はノリの良い曲を立て続けに演奏しましたが、だんだん語りが多くなっていきました。
色々悩んでいた時期の話やペルーのファンへの感謝などを熱く語り、ライブ後半では涙を流し歌えなくなってしまうシーンもありました。
人の良さがにじみ出るようなステージでした。

gianmarco06.JPG

"Lejos de ti"などの代表曲を20数曲歌い、2時間40分に渡るステージを終え、深々とお辞儀をしてライブが終わりました。
無料のライブなので、30分くらいで終わるかと思いきや、終わった時には22:40。
全力のパフォーマンスで感動のライブでした。
ほとんどの日本人はジャンマルコを知らないとは思いますが、ぜひYoutubeで"Gian Marco"と検索して曲を聞いてみてください。
あなたもペルーのスーパースター、ジャンマルコを好きになるかも?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

藤本 Jorge 亮治

ペルー・クスコ特派員の藤本 Jorge 亮治が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ペルーペルー/クスコ特派員
名前:藤本 Jorge 亮治

藤本 Jorge 亮治

クスコ特派員トップにもどる

クスコを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クスコ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ペルー > クスコ特派員 > ペルーの国民的シンガー・ジャンマルコがクスコにやって来た