トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ特派員 > ファイヤー!青空の下のアメリカン楽焼

アメリカアメリカ/シカゴ特派員ブログ

ファイヤー!青空の下のアメリカン楽焼

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年6月25日

American Raku 18.jpg

★ドラム缶とチップと煮えたぎる水


 1800℃の炎、チェリーチップの燃える匂い、晴れ渡ったイリノイ州北部の青空の下――6月3日の日曜日に、シカゴ郊外のMarengoのTim先生自宅で、アメリカン楽焼(陶芸)の焼成に、kaleidoscope ファインアートスクール のメンバーと参加しました。
 春に登録した陶芸クラスからスピンアウトしたイベント。Timさんは、高校などで陶芸を教え、自宅のbasement(ベースメント:地下や半地下の部屋)には、キルム(窯)を所狭しと装備しています。

unglazed.JPG


 柔らかいclay(粘土)を使って教室で作った、瓶(ポット)やオブジェなどを、素焼きして、glaze(色付け)した作品を、1850℃に熱したドラム缶で焼き上げるというもの。
 Lizard(トカゲ)が好きなLauraさんのフルーツボールや、アヤメを繊細に彫った大御所・Jill先生のプレート、またポットに薄く植物をはわせたDianaさん、釉薬を垂らした端正なポットはTinaさん。小さな家のジオラマは、今回運転手も買って出てくれたBethさん。彼女は「いずれファームをやりたい」というだけあって、家には3人の子どものほかに、犬や猫、さらには子ヤギを3頭も増やす肝っ玉母さん。そんなファームを表現したかったのかな。


before fire.jpg


 これら机いっぱいに並べられた力作を、一回に20分をかけて焼成、それを長いトングで取り出し、チップの入ったドラム缶で定着させます。次に焼き上げている間に、ドラム缶から取り出し、水の中、またはホースで水をぶっかけて一気に冷ます!

lacky.jpg

★サイダー片手にいっしょに日焼け

 ぶっ通しで働くTimさんを横目に、自分の作品が焼けるまでは、みんな芝生の上のアウトドアベンチに座って、ブラクチェリーサイダーなんかを飲みながら、気長に待つのです。Timさんちのシベリアンハスキー犬・Luckyは木陰を探してぶらぶらしながら、いっしょにのんびり過ごします。


cosmos.JPG


 さあ、水から顔を出した楽焼たち、どうなったかな?
グレイズ(釉薬)は、ターコイズやコパー、ブルーマジックなど、出来上がりには妖しく光るのがこの、アメリカン楽焼の特長といえるでしょう。

orangotan.JPG


★あやしく、そして神々しく光る皿や瓶


 私の作品は、オランウータンやプラネットの鉢、コスモスの瓶でした。「cosmos」の瓶は、細長いコイルの粘土を積み上げ、途中に幾何学的な片や輪をくっつけました。Jill 先生が、制作時に「はめ込み穴を開けた方が落ちないよ」とアドバイスしてくれたのに、「大丈夫」と言って、そのままにした箇所は焼成中にポロリ。
 ホースの水で冷ますのですが、何しろ1800℃、瓶の中に入った水は、Dianaさんが「まるでシチュー作ってるみたい」と言うほど、マグマの様に煮えたぎっておりました。「もーいいかな」と手でつかもうとしたら、「アチッ!」と飛び上がるほどまだ熱かった!世話好きのベスが「コレしかないけど使って」と、日焼け治療用のリップを差し出してくれたのでした。


tim`s raku pot.jpg


 ちなみにこのポットはTim先生の作品。美しく光るコッパーに繊細な線を描いた逸品です。来年お邪魔した時、日本に買って帰ろかな・・。


★仕上げはピザ窯の手作りピザ!お疲れさん!

raku party.jpg


 朝の10時から4時間。すべての作品が焼きあがると、待ってました、Piza Partyで~す。Timさんちの庭にしつらえられたピザ窯(これも本人作)で、妻のLisaさんと用意してくれた、お手製の柔らかい生地の上にマッシュルームやチーズ、特製のトマトソースを乗せて、750℃の窯で10分ぐらい。

 私とJillさんは毎回、ワインでかんぱ~い!去年ほど暑くなくて、青空に大きな雲が流れるテラスでピザを囲んで、労をねぎらいます。授業料を払っているとはいえ、TimさんやLisaさんのHospitalityがあってこそ。USの広い空、心地よい風と仲間の熱い(!)思いに乾杯!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Kumi

アメリカ・シカゴ特派員のKumiが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シカゴ特派員
名前:Kumi

Kumi

1963年名古屋生まれ。父の仕事でシンガポールに住んだことで、外国や外国語に興味を持ち、愛知県立大学スペイン科に入る。卒業後はデザイン博覧会などで勤務。その後ファッション総合紙で記者を務めた後、15年に夫の仕事でシカゴに。現在は家事・育児のかたわらJazzとArtを学ぶ。地域のオモシロ情報を発信できるアーティストを目指す。
Webサイト DISQUS ID @disqus_WSgvsjOHPL

シカゴ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シカゴ(イリノイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シカゴ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ特派員 > ファイヤー!青空の下のアメリカン楽焼

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について