トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ特派員 > いきなり、20℃アップで春真っ盛り!

アメリカアメリカ/シカゴ特派員ブログ

いきなり、20℃アップで春真っ盛り!

カテゴリー:天気・気候・気温 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年5月12日

 Hi! シカゴの撮るアーティストKumi です!

 5月の子どもの日前後から、急に昼間の気温がカ氏40°F(5℃)から60°(15℃)へ。陽射しが強い日には、70~80(20~27℃)になる昼間も。hey fever(花粉症)も発症して、ちょー調子悪いです。

Blooming.JPG


★一気に噴き出る緑たち


 くすんだ灰茶色だった道路わきの木々から、黄緑の芽が見えだしたかと思うと、1~2週間の「あっ」という間に、色とりどりの緑におおわれます。花の種類が日本よりも少なく感じるアメリカの春ですが、木から萌え出る濃い桃色の桜っぽい樹木や、一斉に白い花をつける木など、総花系の木々が緑の林との美しいコントラストを描き出します。


★デカいwillow=柳をスケッチしてみた


 週に一度通うYMCAで、ZUMBAを踊って汗をかいた帰り道、コンドミニアム(地面付きのアパート)の共同庭に、背の高い立派な柳(=willow)を見つけ、停車してスケッチを開始。ウォーキング中の婦人から、「Beautiful!」とほめてもらいながら、強い日差しの中で、黄色い新芽をいっぱいつけた枝を大きく揺らす柳の大木を描きました。これは日本画制作の原画にするつもり。

willow.jpg

 柳はしなやかな物腰の女性をイメージさせますが、こちらでは大木に育つことが多く、しなやかと言うよりは、ダイナミックに、自由自在に風を操る大型動物のよう。その新芽もこれまた、1~2週間もたつと次の濃い芽と入れ替わるという素早さ。
 長~い冬を過ごした木々たちは、少しでも早く葉を茂らせ、夏の生気を思いっきり吸い込もうとしています。それは、またこの土地に生きる人や動物にとっても同じなんだな~と感じますよ。


★さらば老舗Nursery=園芸専門店


Knuppers.JPG


 80年以上商いをしていた大型園芸店「Knuppers(クナッパーズ)Nursery & Landscape 」がこの6月に閉店するとの案内をもらった。先週、近所のモールにあるチェーンホームセンター・Home Depoにふらっと草を物色に寄ったときに、ふとそのことを思い出し、クナッパーズのクロージングセールに向かったのです。

 クナッパーズはKnupper夫妻が32年に創業、後継者のHeaton夫妻が90歳近くになったのを機に廃業し、後はクルマのディーラーに代わるらしい。ホームデポでも草花は手ごろに帰るが、園芸の多様な苗や、シカゴの土地に合ったバラの品種、日本では見たことのないような花などーーまさに園芸専門店ならではの奥行がある店なのです。

Knuppers2.JPG


 アメリカだけでなく、日本でも多くの専門店がカテゴリーキラーによって淘汰されてきましたが、こうしたオーナーの哲学があるような地域密着型の専門店がなくなっていくのはやはり寂しいです。電球や木材などと同じ感覚で買えるチェーンホームセンターは便利がいいので仕方ないのでしょうね。でも、植物を愛し、庭造りやホームデコレーションが大好きなアメリカ人にとっても大事な園芸文化の発信地じゃないのかな~。
 ちなみに、植物は土付きは日本に持ち帰れませんが、種も審査がいる場合がありますので気をつけてね。

●農林水産省 植物防疫所
 

☆おまけ:

 カテゴリーキラーと言えば、子ども用品・玩具チェーン専門店の米国「トイザらス」が4月から170店を閉鎖しており、シカゴ周辺でもクリアランスセールが粛々と開かれています。私も立ち寄ったけど、4月の時点で一部の商品以外は10~20%の割引が多く、期待してきたご婦人たちは「30%以上安いのはないの?」って探してた。店員さんも、「最終段階の7月には一気に下がると思う」だって。でも「レゴ」はいっさい値下げしてなかったのを見ると、オンラインできっちり売る体制ができているから、値下げの必要がないブランドの一つなのかな~と思ったりして。かくゆう私も、子ども用のラグと、「子どものクラスのお楽しみ会用に使える!」とポータブルマイクを買ってしまった・・。やっぱり、見たものを買ってしまう、リアル店舗の魔力は恐るべし。


Toysrus.JPG

 


 

 
と、

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Kumi

アメリカ・シカゴ特派員のKumiが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シカゴ特派員
名前:Kumi

Kumi

1963年名古屋生まれ。父の仕事でシンガポールに住んだことで、外国や外国語に興味を持ち、愛知県立大学スペイン科に入る。卒業後はデザイン博覧会などで勤務。その後ファッション総合紙で記者を務めた後、15年に夫の仕事でシカゴに。現在は家事・育児のかたわらJazzとArtを学ぶ。地域のオモシロ情報を発信できるアーティストを目指す。
Webサイト DISQUS ID @disqus_WSgvsjOHPL

シカゴ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シカゴ(イリノイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シカゴ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ特派員 > いきなり、20℃アップで春真っ盛り!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について