× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ特派員 > 行きつけ・もしくは旅先のおいしい物たち

アメリカアメリカ/シカゴ特派員ブログ

行きつけ・もしくは旅先のおいしい物たち

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年4月26日

 Hi! シカゴの歌うライター・Kumiです。 ゆっくりと訪れた今年の春に、ちょっと足を伸ばした街で、そしていつもウロ ウロする行きつけの街とカフェでいただいた、"おいしい物たち"を紹介しま す。

Flancesca`s.JPG


★Francesca'sはいつも昼間のワインラバーでワイワイ

 私が週に2回、アート制作に出かけるBarringtonにあるファミ リーレストランです。ファミレスといっても、日本のチェーン店ではなくオ シャレな個店。ちなみに、日本で言うファミレスは「パンケーキハウス」がこ れに当たり、ブレックファーストとランチだけの個店から、チェーン店までさ まざま。パンケーキとジャガイモにハムといったシンプルなブレックファース トから始まって、今日のレストランの形になった模様です。  さて、本題のフランチェスカですが、最近いただいたランチはこれ。

Steak Salad.JPGのサムネイル画像

 サラダにステーキが入ったゴージャスな一皿。牛肉はミドルレアで、柔ら か。サラダのドレッシングは爽やかなビネガーにパルメジャーノチーズの香が よく合います。先に出してくれるイタリアンブレッドがまたもちっと柔らか。 ほとんどのディッシュ(料理)が食べきれなくてボックスに入れてもらうんだ けど、パンはやっぱり持ち帰ると硬くなるんだよね。

 白ワインはシャルドネかピノグリジオが一般的です。3~4人でランチを楽 しむ人がほとんどなので、中には2人でもボトルを頼むテーブルもあります が、流石としかいいようがありません。こちらに来て初めて知ったのですが、 飲酒は規定以下であれば違法ではないため、家の近くのダウンタウン(駅前) で軽くいっぱいやってクルマで帰ることができます。

フランチェスカ・ファミリア 住所:100 E. Station Street, Barrington, IL 60010 営業日:月~日、11:30~9:00
​http://www.miafrancesca.com

★KAFEINで久々に会った街の味

KAFEIN.JPG

 セントパトリックデー(3月17日)に、川が緑に染まるシカゴ市内には行 かず、その北のEvanstonへミシガン湖の"湖風"を感じにでかけまし た。ゴシック様式の教会を擁するノースウエスタン大学の周辺には、商店街が 開けており、その一角にカフェ・KAFEINがありました。早く帰りたい息
子にぐずられながらも、カプチーノを頼み、久々にカップでふくいくとした香 の泡を堪能したのでした。手作りのレモン・ポピーシードスコーンもほどよい 甘さでおいしい。郊外ではスタ-バックスか、パンチェーンのパネラ、もしくはパ ンケーキハウスでコーヒーを飲むのが普通なので、こうしたカフェに入ると、 名古屋市内で仕事中に飲んだカプチーノを思い出しました。

Cappuccino.JPG

カフェイン 住所:1621 Chicago Ave., Evanston, IL 60201 電話番号:+1 847-491-1621 営業時間:10:00~9:00


★Carletonホテルで:肉も魚もグリルでほどよいフレーバー

Fish.JPG

 Oak Parkで泊まったCarleton ホテルのレストランでいた だいた夕食。最近食欲が抑えられなくなった娘が、がっつりレアの牛肉を頼む ヨコで、息子と私は白身魚のグリルと白豆のクリームスープをシェア・・。ア メリカのグローサリーで魚を買うと、特に白身は魚臭さがたまらないケースが 多いのですが、そこはシェフの腕。ほどよいシーズニング(香付け)と、恐ら く香草を使ってオーブンで焼いた魚は、付け合わせの甘いルート(根菜)とよ くマッチ。ステーキ皿に載っていた芽キャベツも香ばしかった。体調はいまい ちだったが、やはりここはIrish Aleで景気付け!とビールを頼む母で した。自力で囚われの身から抜け出し、人々の開放に尽力したセントパトリッ クに乾杯!


                             

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Kumi

アメリカ・シカゴ特派員のKumiが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シカゴ特派員
名前:Kumi

Kumi

1963年名古屋生まれ。父の仕事でシンガポールに住んだことで、外国や外国語に興味を持ち、愛知県立大学スペイン科に入る。卒業後はデザイン博覧会などで勤務。その後ファッション総合紙で記者を務めた後、15年に夫の仕事でシカゴに。現在は家事・育児のかたわらJazzとArtを学ぶ。地域のオモシロ情報を発信できるアーティストを目指す。
Webサイト DISQUS ID @disqus_WSgvsjOHPL

シカゴ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シカゴ(イリノイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シカゴ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ特派員 > 行きつけ・もしくは旅先のおいしい物たち