× 閉じる

トップ > 中東 > トルコ > カッパドキア2特派員 > アヴァノスの伝統工芸セラミック工房

トルコトルコ/カッパドキア2特派員ブログ

アヴァノスの伝統工芸セラミック工房

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2017年10月 8日

アヴァノスは昔からクズルウルマク川の赤い土が陶器を造るのに適していたため陶器の村として知られています。
ヒッタイト時代から始まり現在も伝統的に受け継がれています。
陶器造りは昔、男性が結婚するために作品を造り、それが壊れにくいものかを証明できたらお嫁さんをもらうとができる...という時代があったようです。
良い結婚のために女性は美しい絨毯を織る必要があり、男性は丈夫な陶器を造る必要があったわけです。
更にその絵柄にはいろいろトルコの時代や文化・イスラムの思考が描かれていてその意味を知れば知るほど大切に使いたくなります。 日本にはないカラフルな色使いと絵柄はとても新鮮です。
是非一度ワークショップを覗いてみてください。
工房の人が細かく説明をしてくれますし、造っているところを見学することができます。
気に入ったものがあったら迷わず購入することをお勧めします。
簡単に戻っては来れません!

IMG_3932.JPG

こちらがセラミックのお店の一つ
外観までもが可愛いくてお洒落です♪

IMG_3929.JPG

まず中に入ると陶器に囲まれたお部屋でアヴァノスで生まれた美しい陶器の由来や意味の説明を日本語で受けることができます。
そしてその後陶器作りの専門家が登場し、デモンストレーションを見せてくれます。
その手の動きは素晴らしく、あっという間に完璧な形を作ってしまいます。

IMG_3941.JPG

デモンストレーションが終わった後は別の部屋に移動します。
そこでは実際に手で職人さんたちが細かい絵を描いているところを見ることができます。

IMG_3933.JPG

それはそれはとても繊細な作業ですが、それだけあって息を飲む美しさです。

IMG_1818.JPG IMG_3943.JPG

作業場を見た後はその作品の数々を見ることができます。
まるで美術館のような素晴らしい作品ばかりです。

もちろん気に入ったものがあれば購入することができます。

アヴァノスの村でもこのようなお店はあるのですが日本語での説明はないので、日本語での説明を受けたい場合はこのような大きい工房に行くことをお勧めします。

レッドツアーに参加するとこのような大きな工房を訪れる工程が含まれています。
もしレッドツアーには参加せずに個人で訪れてみたいという人はお声おかけください。
ご案内いたします。


☘ Voyager Agency / My Cappadocia Trip
URL: http://www.mycappadociatrip.com/
電話: +905364436262 (予約担当)
Email: akiko.cappadocia@gmail.com

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Akiko Cappadocia

トルコ・カッパドキア2特派員のAkiko Cappadociaが現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

トルコトルコ/カッパドキア2特派員
名前:Akiko Cappadocia

Akiko Cappadocia

カッパドキアライフ5年目。世界一周旅行者向けの宿の経営を経て、現在は旅行代理店にて観光客の方たちそれぞれにあったカッパドキアでの過ごし方を提案させていただいております。またトルコの伝統的なラグ「キリム」を使って作られたキリムバッグ・雑貨のお店“KilimDesigns”も運営しております。カッパドキアの美しい景色はインスタグラムmycappadociatripにて毎日紹介しています。 DISQUS ID @disqus_8MkzrUUtYK

カッパドキア2特派員トップにもどる

その他のトルコの特派員

カッパドキアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カッパドキア2特派員トップにもどる

トップ > 中東 > トルコ > カッパドキア2特派員 > アヴァノスの伝統工芸セラミック工房