トップ > 中南米 > ブラジル > カボフリオ特派員 > 6月12日は恋人の日

ブラジルブラジル/カボフリオ特派員ブログ

6月12日は恋人の日

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年6月13日

Olá! Tudo bem? Harumiです。
アメリカでも日本でも2月14日はバレンタインデーなのでてっきりブラジルでも同じなのかと思っていたらブラジルにはバレンタインがないんです。
その代わりに6月に「恋人の日」というものがあります。
Dia dos namorados
IMG_2589 copy.JPG
祝日、というわけでもなく宗教的な意味合いも無いので日本のバレンタインのように恋人や夫婦がそれぞれにプレゼントを交換したりしてお祝いするくらいです。
バレンタインと言えばチョコレート!というような定番のプレゼントも特にありませんが、あちこちのお店で「プレゼント」目当てのお客さんを呼び込んでいます。
ブラジルはカトリックが多いので、それに関係する祝日なども多いんですが、この恋人の日は商業的な意味合いの方が強いようです。

「恋人の日」とは言うものの、恋人には結婚しているカップルも含まれます。
aruki.jpg

ちなみにブラジルでの「結婚」という定義は必ずしも「署名をした紙を役所に持っていく」、という形式的なことではありません。
実際に、役所には届けていないけど「私たち夫婦です」というカップルはいくらでもいます。
その場合基本的には夫婦別姓ですが場合によっては旦那さんの姓を名乗ることもあるようです。
でもブラジルでは正式な結婚をしていても夫婦別姓にすることは別に珍しいことではないですし、ブラジルの名前の仕組みも日本とは異なっていて名字や名前が2つや3つあることもごく普通です。
ですので恐らく日本の女性ほど、「この人と結婚したら自分の名前は、、」と悩まないのかもしれません。
IMG_2168 copy.jpg

ですので書類を役所に出す、とか名前が変わる、ということが必ずしも「婚姻」の定義ではなく、お付き合いが長かったり、短くてもその関係性が強いとか、一緒に住んで生活を共にしている、という事実の方を重視する傾向にあります。
法律的にも、正式に婚姻関係がなくても実際の関係性が認められれば「夫婦」とみなされることも可能なようです。

ではなぜ役所に届けを出さない人が多いのかと言うと、カップルによって様々な理由はありますが、「届けにお金がかかる」というのも一つの大きな要因みたいです。
せっかくお金を払って届けても「もし別れたら、、」ということを考える、、のかどうかはわかりませんが、特に貧困層はこのパターンが多いかもしれません。

それ以外には、実際にちゃんと関係性があるんだから届けなんて別に「必要ない」と考える人もいるし、届けを出して正式に婚姻関係になるのに慎重な人もいるかもしれません。
だからなのか、正式な夫婦では無い男女の間にできる子供も非常に多いです。
それで家族が一緒にうまくいけばなんの問題もないんですが、やはり別れてしまうケースも非常に多いので日本以上に離婚、再婚、片親、などが日常茶飯事で、私の周りにも非常に複雑な家庭環境の人がたくさんいます!
でも社会もそれに慣れているのか、日本のようにそういう話題が「タブー」という雰囲気はあまりありません。
IMG_2624 copy.JPG

所変われば、、ですねー。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Harumi

ブラジル・カボフリオ特派員のHarumiが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブラジルブラジル/カボフリオ特派員
名前:Harumi

Harumi

17歳から英語圏や中国に留学やワーホリに行ったり世界各地を一人でバックパッカーしていて、2012年に音楽がきっかけでブラジルを訪れた際に主人と出会い結婚、移住。現在は子育て、語学や音楽の講師、YouTubeへの動画投稿などをしています。 DISQUS ID @disqus_7io0BpudjP

カボフリオ特派員トップにもどる

その他のブラジルの特派員

リオデジャネイロを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カボフリオ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ブラジル > カボフリオ特派員 > 6月12日は恋人の日

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について