× 閉じる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > 20世紀初頭南米のパリに思いを馳せる喫茶店Petit Colon

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

20世紀初頭南米のパリに思いを馳せる喫茶店Petit Colon

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年5月 5日

IMG_4933.JPG


コロン劇場を見学した後、立ち寄るのに最適の素敵な喫茶店。
それがプチコロン、 スペイン語読みすると ペティコロンという喫茶店です。


Petit Colón
Libertad 505,
Teléfono: 011 4382-7306
毎日午前7時から午後10時まで


南米のパリを彷彿させる外にある席(最近は寒いですが、たばこをすう方にはいいようです)

IMG_4935.JPG

小さな窓ガラスから景色も堪能できます。

こちらから見る眺めはコロン劇場、そして最高裁判所とさながら、20世紀初頭の世界にいるかのようです。

その昔はコロン劇場の歌手、俳優が来たようで古い写真も飾ってあります。数年前にリニューアルしたので店内もきれいです。

IMG_4934.JPG IMG_4937.JPG IMG_4938.JPG IMG_4939.JPG


アルゼンチンのビール一本は700mlありますので、二人で一つ頼むとこんな風におつまみがついてきます。(何も言わなくても)
なんとなく高そうですが、まあ普通の喫茶店の値段ですが、芸術的な雰囲気に浸ることができます。

IMG_4940.JPG

日替わりランチメニューもありますよ。
町の散策の休憩に、TRIBUNALES駅の前なので、待ち合わせにも最適です。ただし、週末はときどきこちら側の出入り口は閉鎖されますけれども、平日は裁判所へ向かう弁護士さん、または法律事務所で働く人が行きかっています。

記事がよかったらクリックください!


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > 20世紀初頭南米のパリに思いを馳せる喫茶店Petit Colon