トップ > 北米 > アメリカ > ブルックリン特派員 > フラットアイアン地区を歩く(Flatiron District)

アメリカアメリカ/ブルックリン特派員ブログ

フラットアイアン地区を歩く(Flatiron District)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年2月26日

ニューヨーク観光に来られる方は、必ずこの辺りに足を運ぶことでしょう。お目当ては、もちろん有名なフラット・アイアン・ビルディング。三角形の珍しい形は世界的にも有名ですね。

IMG_1205-3.jpg


このビルの建築様式は古く、今ではニューヨークの象徴の一つとなりました。最も細いところでは、幅が1メートル弱しかないそうです。場所は5番街&ブロードウェイ&22丁目&23丁目の通りで囲まれた三角地帯。
IMG_1197-2.jpg

斜め向かいには、東京にも進出したイータリー(EATALY)が。イタリアン・グルメ・マーケットです。ウェブサイトはこちら
IMG_1196.jpg


その横には、子供に大人気のレゴストア。お店の奥では、実際にレゴをして遊ぶことができるので、お子さん連れの方にお勧め。
IMG_1198-2.jpg


マディソン・スクエア・パークは、一人旅の方からご家族まで誰でも楽しめる公園です。プレイグラウンドで子供と遊んだり、本を読んだりするのもいいですね。シェイクシャックも公園内にあり、お昼を買ってベンチで食べるのもニューヨーカー気分を味わえるはず!

公園内からの眺めがまた素晴らしいのです。
IMG_1210-2.jpg


この付近への行き方。
地下鉄だとN/R/6/B/D/F/Mで、どれでも23st駅で下車。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員のトワンブリーが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ブルックリン特派員
名前:トワンブリー

トワンブリー

「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

ブルックリン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブルックリン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ブルックリン特派員 > フラットアイアン地区を歩く(Flatiron District)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について