トップ > オセアニア > オーストラリア > ブリスベン特派員 > 5月お題『スタジアム』 あの五郎丸もプレー!ブリスベンが誇る豪州有数のスタジアム

オーストラリアオーストラリア/ブリスベン特派員ブログ

5月お題『スタジアム』 あの五郎丸もプレー!ブリスベンが誇る豪州有数のスタジアム

カテゴリー:お題 / スポーツ・観戦 投稿日:2016年5月31日

5月も残りわずかのこのタイミング、駆け込みでアップする今月のお題の「スタジアム」。


ブリスベンが誇るオーストラリア有数の球技専用スタジアムが、ここ「サンコープ・スタジアム」。
suncorp1.JPG

緑の芝生に、青い空、オレンジ色の座席のコントラストが何とも目に鮮やかなこのスタジアムは、52,500人の収容数を誇り、国内外の評価も非常に高い。ブリスベン一、いやクィーンズランド州一のスタジアムと言って差し支えないだろう。


まずは、何よりもそのアクセス。ブリスベン中心部からのアクセスはピカイチで、市の繁華街から徒歩10分程度で着くスタジアムは豪州国内のみならず、世界中を見渡してもそうはない。そして、使用する選手の施設・設備面でも評価は総じて高い。年に数回コンサートでも使用されるが、このスタジアムでコンサートをするのは、世界的な大物ミュージシャンばかりで、毎回多くの観衆を集める。(筆者注:住宅地に隣接していることもあり、大音量が発生するコンサートでの使用回数を周辺住民に配慮して年間数回に留めている。昨年は、テイラー・スイフト、ワン・ダイレクションら4組のみ)


このスタジアムを本拠地とするのは、3つの異なる球技のプロ・クラブ。一番人気は13人制のラグビー(この国ではラグビー・リーグと呼ぶ)のブリスベン・ブロンコス、そして、サッカーAリーグのブリスベン・ロア。そして、もう一つが、15人制ラグビー(ラグビー・ユニオン)のプロ・リーグ"スーパー・ラグビー"のクィーンズランド・レッズ。

RVB 5.jpg
(c)Nino Lo Giudice

今をときめくあの五郎丸歩選手が所属して、レッズの日本での知名度もうなぎ登りと聞く。国内外から日本人ファンも多く駆け付け、五郎丸選手のスーパー・ラグビー挑戦に声援を送る姿が見られた。残念ながら、5月21日のサンウルブズ戦で肩を脱臼した五郎丸選手は手術を要する大けがで今季絶望、今季の残り試合、サンコープスタジアムで日本の英雄・五郎丸の雄姿を拝むことはできなくなってしまった。


このスタジアムのアクセスの良さを書いた。2つあるメイン・ゲートの片側は、シティから歩いてくると「カクストン・ストリート」という道の両側をパブやクラブが軒を連ねた一角を通る動線になっている。そこでは、試合前に景気づけに飲んで騒ぎ、景気づけをするファン/サポーターの姿を見ることができる。
また、サッカーのロアのサポーター・グループ「THE DEN」のメンバーが、その年のチャンピオンを決めるファイナルの試合など大事な試合の前にはそのストリートを"マーチ・イン"と称して、通行止めにして練り歩く姿も見られる。下の写真は、当時、小野伸二が所属していたウェスタンシドニー・ワンダラーズとのグランド・ファイナルの当日のロア・サポーターのマーチ・インの様子。
roar_supporter.JPG


このサンコープスタジアムでは、サッカーの国際試合も数年に1回のペースで開催されており、2012年6月12日にはW杯最終予選での日豪戦では、本田圭佑、香川真司を擁した日本代表がサンコープ・スタジアムにその雄姿を見せた。
IMG_0863.JPG


フットボール・シーズン真っ盛りの時期には、3つのプロ球技の試合に使用されることで芝が酷使されることで、全体的に高い評価のスタジアムの中で、唯一あまり評価が高くないのが芝のコンディション。サッカー・オーストラリア代表のアンジ・ポスタコグルー監督は自らブリスベン・ロアを率いた経験もあり、「サンコープスタジアムが真の世界的なスタジアムになるには芝のコンディションが常に良いことが望まれる」という意図の発言をしたことがある。
そして、このスタジアム、2011年の1月にこの街を襲った大洪水ではグラウンド全部が泥水に没してしまう大被害を受けている。しかし、懸命な復旧活動を経て同年の2月末までには使用可能な状態に戻った。下のリンクは、洪水発生を伝える現地紙。記事内の写真で水に浸かったスタジアムの様子をご覧いただける。http://www.dailytelegraph.com.au/suncorp-stadium-on-fire/story-e6freuy9-1225986138040


ブリスベンが誇るサンコープ・スタジアム。滞在中に、もし、試合の日程が組まれているようであれば、ぜひ足を運んでみるとよいだろう。なぜ、このスタジアムが豪州有数のスタジアムと呼ばれるかをたちどころに理解いただけるはずだ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

植松 久隆

オーストラリア・旧ブリスベン特派員の植松 久隆が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧ブリスベン特派員
名前:植松 久隆

植松 久隆

2003年に渡豪。シドニーで激動の1年半を過ごして帰国。06年に永住目的で再渡豪、ブリスベンに腰を落ち着ける。豪州サッカーを日本に発信し続けるライター稼業が表の顔。愛して止まぬブリスベンの魅力を多くの人に知ってもらいたいとの思いを形にすべく色々なことを画策中。自らの古巣である豪州最大の邦字紙・日豪プレスの特約記者。オージー妻と一男一女。個人ブログは、こちら

ブリスベン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

ブリスベンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリスベン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > ブリスベン特派員 > 5月お題『スタジアム』 あの五郎丸もプレー!ブリスベンが誇る豪州有数のスタジアム

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について