トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > スイスの交通標識あれこれ

スイススイス/ベルン特派員ブログ

スイスの交通標識あれこれ

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年4月28日

2回目の今回は、スイスのフランス語圏ドレモン在住の【スイス情報.com 】スタッフからの情報です。
 
 
スイスと日本の交通ルールの違いや標識の違いはいくつかあるかと思いますが、まず私自身が驚いたのは、スイスの田舎の方へ行くと「信号がない」ということです。

しかし信号がない代わりに、道路標識に様々な情報が表示されており、常に歩行者、運転手共に道路標識をしっかりと確認しなければなりません。




1.黄色のひし形の道路標識
交通標識01_640x480_credit.jpg

 こちらは、「優先道路」を表しています。今いる道が優先道路、また、そのすぐ下の図が示している様に、この先3つに道が分かれており、太い線で表示されているものが優先道路であるという意味です。






2.赤に白丸の道路標識
交通標識02_640x480_credit.jpg

 日本人にとって、「マル=OK」というイメージですが、こちらの意味は「車両進入禁止」で す。スイスでは自転車も車道を走りますので、当然自転車も進入禁止となります。


 日本人の感覚ですと、ついつい自転車でどこまでも行ってしまいそうです。



3.車・バイク・スクーターの道路標識
交通標識03_640x480_credit.jpg

 しかし、自転車は車などと比べるとゆっくりと走るためか、自転車と歩行者のみ通ること のできる場所もあります。


 こちらの意味は「車・バイク・スクーターの進入禁止」。



4.色々と書いてある標識
交通標識04_640x480_credit.jpg

 まず、ブルーの矢印は「一方通行」。


 その下の自転車と三角&矢印は「ただし自転車は行来が可能」。


 その下の歩く人が描かれた黄色い矢印は、スイスらしさが出ていると思います。


 ハイキングが盛んなスイスでは、いたるところにハイキングコースがあり、その方向を示 してくれているのです。
 

暖かくなるとさらに外で過ごす時間が増え、ハイキングだけではなくサイクリングや釣りなどを楽しむ方たちを多く見かけます。


その分、運転をする方たちはさらに細心の注意を払って安全運転を心がけましょう。



(4月お題"交通標識")

この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村 をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田山 貴子

スイス・ベルン特派員の田山 貴子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/ベルン特派員
名前:田山 貴子

田山 貴子

欧州移住を目指して日本から求職し、「スイスのNTT」に雇用されて2000年よりベルン在住。10年間勤めた後、日本とスイスの架け橋になるべく起業し、幼稚園から高校までのスイスボーディングスクール(寄宿学校)留学の現地サポート【スイス留学.com】や、スイス在住日本人スタッフとスイス生情報の発信【スイス情報.com】、そして、スイスを訪問する企業や観光客の現地サポートをしている。ご連絡は、こちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_dRW9ibGDki

ベルン特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

ベルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベルン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > スイスの交通標識あれこれ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について