トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > 1月6日は、三賢者の日!

スイススイス/ベルン特派員ブログ

1月6日は、三賢者の日!

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年1月24日


スイスで生活していると、キリスト教徒でなくても日常生活でキリスト教は切り離せません。
 
一番キリスト教を意識するのは、たくさんある祝日のときです。
 
 
ちなみに、スイスでは、国が定める祝日は、8月1日の国立記念日のみです。
 
その他の祝日は、州が決定しているので、州によって、祝日が違ったりします。
 
会社の祝日は、勤務地で決まるのが通常なので、例えば、ベルンで勤務するチューリッヒ在住の社員は、5月1日のメーデーは仕事日となります。
 
小さい子どもがいる社員は、子どもの学校に合わせて、自宅のある地域の祝日に有休を取ることがよくありますね。
 
 
話がそれましたが、1月6日はお休みではありませんが、キリスト教の1つの大きなイベントの日で、キリスト教徒でなくてもこの日には特別なパンを食べる人が多いでしょう。
 
 
こんなパンです↓。
 



 


 
これは、6日にチューリッヒのホテルの朝食に出されていました。
 
 


お饅頭のようなレーズン入りの丸パンがくっついたパンで、丸パンを一人ずつ取り、プラスチックの白い王様が入った丸パンを食べた人が一日王冠を被っていられるということなんですね。
 
 
こちらは、ベルン駅で購入した三賢者のパンで、1つ目の丸パンで見事に王様が当たりました。
 




 
 
スイスは、九州ほどの国土ですが、この三賢者のパンも地域によって形も味も違うのです。
 
 
ドイツ語圏では、上の写真のようなパンですが、フランス語圏では、クリームパイといったところでしょうか。
 
フランス語圏に住む【スイス情報.com】のスタッフが情報を発信してくれています。


 

【ガレット・デ・ロワ】 本日1月6日はガレット・デ・ロワ!!! 皆さんもう食べましたか?? パイのようなものにアーモンドクリームが入っているものとパンのようなものがあります。地域によって違うようですね。 その中にフェーヴと...

Posted by スイス情報.com on 2016年1月6日




 
 
また、場所によっては、三賢者に仮装した子供たちがお店を訪問したりして人前でパフォーマンスをしてお小遣いをもらうのが習慣になっているところもあるようです。
  
こちらの動画は、随分前に撮影しましたが、こんな素朴なパフォーマンスをする習慣が今でもあって欲しいと願うばかりです。
 



 
 


ところで、「三賢者」は誰かご存じですか?
キリスト教との関係は何でしょう?

「三賢者」は、「東方も三博士」とも言われます。


この機会に、ググってみてはいかがでしょうか?

 
 
そして、このときにしか体験できないイベントを体験しに、来年のスイス旅行を計画されてはいかがでしょう?
 
 
 
今月のお題 『2016年イベント』


この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村 をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田山 貴子

スイス・ベルン特派員の田山 貴子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/ベルン特派員
名前:田山 貴子

田山 貴子

欧州移住を目指して日本から求職し、「スイスのNTT」に雇用されて2000年よりベルン在住。10年間勤めた後、日本とスイスの架け橋になるべく起業し、幼稚園から高校までのスイスボーディングスクール(寄宿学校)留学の現地サポート【スイス留学.com】や、スイス在住日本人スタッフとスイス生情報の発信【スイス情報.com】、そして、スイスを訪問する企業や観光客の現地サポートをしている。ご連絡は、こちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_dRW9ibGDki

ベルン特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

ベルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベルン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > 1月6日は、三賢者の日!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について