トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ベルリン特派員 > ドイツにはコンビニがないので、水と軽食は携帯したほうがいいです

ドイツドイツ/ベルリン特派員ブログ

ドイツにはコンビニがないので、水と軽食は携帯したほうがいいです

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年4月28日

 タイトル通りですが、ドイツにはいわゆる「コンビニエンスストア」がありません! そのため、水や軽食は携帯しておいたほうが安心です。


DSC_7434.JPG


 特に夜遅くに飛行機や列車でドイツに到着する際は、注意が必要です。ベルリンなどの大都市では例外的に中心部に24時間営業のスーパーもありますが、ほとんどのお店は夜は閉まってしまいますし、キオスクやシュペーティと呼ばれる町角の深夜営業の小さなショップでは、水やビール、スナック菓子類は売っていますが割高ですし、すぐに食べられるサンドイッチなどの軽食類はほとんどありません。


 ホテルにチェックインするのが20時過ぎだと、場所によっては徒歩圏内に買い物に行ける場所がないことも。そのため、夜の到着後に外出したくない場合は、軽く食べられるものを荷物に入れておくほうがいいです(ホテルの部屋には湯沸かしポットがない場合がほとんどなので、お湯が必要なインスタント食品も要注意です...)。


 それでなくても、飛行機が時間通りに到着するとは限りませんし、列車もどこで遅延するかわからないですし。いつどこで喉が渇いたりお腹が空いても大丈夫なように、旅行中は最低限の飲食物は常に携帯しておくことをおすすめします。


 とはいえ、少し繁華街や大き目の駅に移動すれば早朝から深夜まで営業しているベーカリーやインビスはいくらでもあるので、本当に食べるものがなくて困るということはベルリンではありえないのですが。ただ、慣れない街でいきなり夜遅くに外に出るのはちょっと勇気がいるとも思いますので、心配な方は少し用意しておいたほうがいいですよ!という老婆心です(^^;)。




Facebookページはこちら→ おさんぽベルリン
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が、ベルリン最新情報をまとめてアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!


ベルリンホームステイについて 詳細はこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
ベルリン個人ガイドについて 詳細はこちら★ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員の松永 明子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ベルリン特派員
名前:松永 明子

松永 明子

ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
)。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

ベルリン特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ベルリンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベルリン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ベルリン特派員 > ドイツにはコンビニがないので、水と軽食は携帯したほうがいいです

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について