× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ベルリン特派員 > ベルリンの主要駅紹介 3、アレクサンダープラッツ駅

ドイツドイツ/ベルリン特派員ブログ

ベルリンの主要駅紹介 3、アレクサンダープラッツ駅

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2017年11月28日

旧東ベルリンの中心地であったアレクサンダー広場。その広場に隣接するアレクサンダープラッツ駅(Alexanderplatz )もフリードリヒシュトラーセ駅同様1882年の開業で、ベルリンでは3番目に乗降客の多い駅です。

主要駅の中ではベルリン・テーゲル空港から最も離れており、アクセスは通常バス1本(TXL)で所要35~40分ですが、市街地の混雑状況などによりTXLバスは頻繁に「ベルリン中央駅止まり」に変更されるので、その場合は中央駅からSバーンやDBの列車に乗り換える必要があります。

DSC_6568.JPG

↑駅を南東側から見たところ。左奥に見える白いのはテレビ塔。

この駅は高架上にSバーンとDB(ドイツ鉄道)の列車が停車する以外に、地下にUバーンが3路線(U2、U5 、U8)通っているので地下通路が広くてちょっとわかりにくいです。

DSC_6564.JPG

↑乗り換えの地下通路は多くの人で混雑します。

バスやトラムの路線もこの駅周辺から多く発着しますが、路線により停留所が少しずつ離れていてわかりにくいので、事前にBVG(ベルリン交通局)のHPに掲載されている地図 などで、停留所の位置と正しい停留所名を確認しておくとよいと思います。

DSC_6567.JPG

周辺は繁華街で、毎日朝から深夜までツアリストも含め多くの人が集まります。デパートやショッピングモールなども揃っているので買い物には便利ですが、駅前の雰囲気があまり良くないので、個人的にはこの駅近くに宿泊するのはおすすめしません。


駅構内にはスーパーはありませんが、24時間営業のマクドナルドをはじめ、軽食が食べられるインビスやパン屋が揃っています。

他にこの駅の中にある施設は

・ドイツ鉄道のチケット販売窓口 DB REISEZENTRUM (中央駅よりも空いているのでおすすめ)

・コインロッカー Schließfach

・両替所 WECHSELSTUBE (でも日本で両替したほうがレートが良いことが多いです)

・トイレ 有料(1ユーロ)ですが清潔

などなど。その他、ショップや位置の詳細は、こちらのHPから→https://www.einkaufsbahnhof.de/berlin-alexanderplatz/lageplan

インターネットは、地下にあるUバーンの駅構内でBVG(ベルリン交通局)の無料Wi-Fiサービス が利用できます。




Facebookページはこちら→ おさんぽベルリン
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が、ベルリン最新情報をまとめてアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!


ベルリンホームステイについて 詳細はこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
ベルリン個人ガイドについて 詳細はこちら★ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

松永 明子

ドイツ・ベルリン特派員の松永 明子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ベルリン特派員
名前:松永 明子

松永 明子

ベルリン個人ガイド&女性限定ホームステイオーナー(詳細はこちら『ベルリン一人旅女子の歩き方』
)。ベルリン育ちの夫と共に2003年から現地在住。ベルリンは歴史的・文化的にも見所の多い街ですが「本当の魅力は日々の生活の中にあり!」がモットーで、短期旅行でもこの街を「暮らすように楽しむコツ」や、ガイドブックに載らない「ベルリンらしさ」を綴っていきます。コラムの依頼や、その他のお問い合わせはこちらから。 DISQUS ID @disqus_LrKC3LVmv2

ベルリン特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ベルリンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベルリン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ベルリン特派員 > ベルリンの主要駅紹介 3、アレクサンダープラッツ駅