トップ > アジア > インド > ベンガルール特派員 > 木切れから生まれたユニークな小物たち

インドインド/ベンガルール特派員ブログ

木切れから生まれたユニークな小物たち

カテゴリー: 投稿日:2018年1月11日

国土の70%が森林という日本に対し、インドは国土が広いわりに森林が占める割合は21.6%。しかも国土の1/3は砂漠だという。その為、ケララ州で育てられているゴムの木などは有名だが、木材のほとんどは輸入に頼っている。また、国際貿易のシステムで、例えばマレーシアへは綿を輸出する代わりゴムの木を輸入するなどバランスを取らなければならない。主な輸入先は、EU、インドネシア、ミャンマー、マレーシア、南アフリカ、中国など。竹に関しては、温暖な気候であるケララ産のもあるが、寒冷地で育った中国産のものと比べると強度が弱いという。

左が中国産の竹 右がケララ産の竹。ケララ産のは時間が経つと亀裂が入るそうだ。
IMG_0738.jpg

ベンガルール南西に位置するMysore Roadには、約50の材木屋が軒を連ねる。
加工しているものは様々だが、私が訪ねた工場では主に玄関のドアーや窓枠、パーテーションを生産している。夏は暑く冬は寒い南インドは、北インドよりも木製のドアー普及率が高いそう。
IMG_0719.jpg

家の顔となるドアーにはこだわりがあり、お金持ちの家のドアーの彫刻は見事である。
確かに、各マンションの玄関も木製のドアーがほとんど。また海に近い地域は、潮風により鉄製は錆を生じてしまうので木製のドアーが人気だ。
因みにドアーを製作するにはこんなに大きな木が必要となるがすべて輸入。

indonesia.jpg
樹齢150年 インドネシア産のHard Wood

cheek.jpg
樹齢50年 ミャンマー産のチーク

こういった木を加工しながら、これまで余り木は燃やしてたというこの工場では、もっと環境のことを考えて何かできないかと木の小物の作るに注目した。
DSC07992.jpg

カルナタカ州には、チャナパトナという地域があり、そこには熟練した木工製品の職人たちがいる。彼らの協力を得て2015年8月からエコフレンドリーをコンセプトとした木の小物作りを始めた。
特に大大的に宣伝はしていないが、イベントに出向いて地道にアピールすることで、環境について考えるきっかけになればと彼らは話す。
まだ試行錯誤しているという商品を紹介する。
国内で1年に500個売れたという人気の腕時計。
IMG_0734.jpg

売れても赤字になるキーボード
IMG_0735.jpg

サングラスのフレームも木
DSC08010.jpg

ちょっと大きいので改良が必要だと思う歯ブラシ
IMG_0741.jpg


「Dtree India Traiding Private Limited」
No.25&26/2&3,New Timber Yard Layout,Mysore Road Bangalore 560026
10:00~19:00
+918026744948
https://www.dtree.in/ (ネットでも注文できる)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Takeuchi

インド・ベンガルール特派員のTakeuchiが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/ベンガルール特派員
名前:Takeuchi

Takeuchi

(元ラジオプロデューサー)
1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

ベンガルール特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

バンガロールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベンガルール特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ベンガルール特派員 > 木切れから生まれたユニークな小物たち

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について