× 閉じる

トップ > アジア > インド > ベンガルール特派員 > オディッサ州の素朴な絵画

インドインド/ベンガルール特派員ブログ

オディッサ州の素朴な絵画

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2017年10月 9日

ベンガルールに住んでいても、インド各地の文化を知る機会があります。それは、期間限定で行われているメラです。
メラでは、各地から訪れた人たちが自分たち特有の産物を売りに来ています。今回は、ベンガルールのいわゆる美大「CHITRAKALA PARISHATH」で毎年行れているメラで見つけた特徴的な物を数回に渡って紹介します。
image1.jpg

インドには、様々なタッチや素材を使った絵画があって、この日だけでも10種類以上のジャンルの絵画が見られました。今回は、そのうちのオディッサ州の伝統的な絵画に注目します。
PALM LEAF MANUSCRIPT ART
image5.jpg

これは、オディッサ最初のアートと言われています。まだ、紙やペンのない時代、人々はヤシの葉に鉄の棒で傷をつけながら絵を書いていました。
image4.jpg

オディッサのアーティストたちは、この技術を使って神や神話の女神を描いていました。この絵画は、ラーマヤナやクリシュナ、ガネーシャなどのライフストーリーをモチーフにしています。
紙として使っているヤシの葉は、はじめターメリックと一緒に茹で、12日から15日間流水で流します。こうすることで、葉にいる虫は葉から取り除かれ、さらにその後乾燥してもとても柔軟になります。そして、同じサイズのコットンと合わせます。最後は、黒いインクを表面に塗って乾燥させ土台が完成します。

こちらは、180年前に栞として作られた作品。
image6.jpg

現在、お土産用はこちらです。
image2.jpg
ヤシの葉にカラーインクを使って描いています。

PATTACHITHARA PAINTINGS
こちらは、シルクに神をモチーフに描いています。
image9.jpg

SAURA PAINTING
「PATTACHITHARA PAINTINGS」と似ていますが、こちらはオディッサ州のLauda種族に関連する壁画のスタイルです。 こういった絵は当時のライフスタイルも伝えています。
image8.jpg

教えてくれたのは、オディッサ州でこの絵画を教えている先生Debasishさん。
image3.jpg

現在35人の生徒がこういった伝統的な絵を書いて今に伝えているそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Takeuchi

インド・ベンガルール特派員のTakeuchiが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/ベンガルール特派員
名前:Takeuchi

Takeuchi

(元ラジオプロデューサー)
1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

ベンガルール特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

バンガロールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベンガルール特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ベンガルール特派員 > オディッサ州の素朴な絵画