トップ > 中東 > レバノン > ベイルート特派員 > レバノン料理 おすすめレストラン 

レバノンレバノン/ベイルート特派員ブログ

レバノン料理 おすすめレストラン 

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年2月 7日

旅先での食事は旅行中の大きな楽しみですが、個性的な食文化を誇るレバノンでも、ローカルメニューは欠かせない体験のひとつです。


今回ご紹介する メジアン (Mezyan)は、ベイルートっ子御用達のカジュアルレストラン。小皿メニューのラインナップが豊富なため、一人旅の方、女性旅行者には特にお勧めしたいスポットです。ツーリストの多く集まるハムラエリア内にあり、アクセスも非常に便利。


Capture1.JPG  


私のおすすめは、


B.JPG


こちらの3品。左から順に、


1. ショルベット アダス 、レンズ豆のスープ。クミンとターメリックで味付けされたこのスープは、レバニーズレストランならどこでも必ず置いてある定番メニュー。メジアンのスープは豆の裏ごしがていねいでなめらか、スパイスも強すぎず優しい味わいです。左手の揚げパンをくだいてのせて、レモンをしぼっていただきます。


2. ファットゥーシュ。中東地域の一番ベーシックなサラダです。基本はレタスとトマトにオリーブオイルとレモン汁、スマックと呼ばれるダークレッドのスパイスがシトラスの香りを添えます。メジアンのファットゥーシュにはきゅうりと二十日大根、ざくろが入っています。


3. マンティ。ヨーグルトソースの下には、小ぶりのダンプリング(餃子の様な、皮に包んだ肉団子)が隠れています。ヨーグルトメニューと聞くと甘いと思われる方も多いですが、おかずの一皿です。アルメニア由来のレシピと言われています。


こちらの3品にパンがついて来て、かなりしっかりとしたブランチになります。少し物足りなければこれに小皿メニューを追加するのも良いでしょう。私のお気に入りは


a.JPG


こちら、イチ。ひきわり小麦と野菜をオリーブオイルでいためてからトマトソースで和えた、プチプチした歯ごたえが楽しい一品です。そのままでサーブされることも多いですが、メジアンのイチは握ってあります。こちらもアルメニア由来。


旅行中は何かと慌ただしく、移動中は軽食で済ませてしまったりしがちですが、滞在中一度は時間を取って、現地の食事をしっかり楽しみましょう!




メジアン (Mezyan)

カフェ、バーのみの利用も可能。wifiあり。少しわかりにくいですが、BLC Bankの左隣、ガラス張りのエントランスの奥がレストラン入り口です。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

bananaflowercat

レバノン・ベイルート特派員のbananaflowercatが現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

レバノンレバノン/ベイルート特派員
名前:bananaflowercat

bananaflowercat

レバノン在住。中東一おおらかと言われ、ヨーロッパからだけでなく湾岸諸国からの旅行者も多いレバノン。日本ではあまり語られることのない小国の魅力を、在住者の視点からリアルタイムでお伝えしていきます。このblogを通して皆さんがレバノンの文化に興味を持ち、訪れるきっかけにしていただけたらうれしいです。 DISQUS ID @disqus_ILMWIitifE

ベイルート特派員トップにもどる

ベイルートを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベイルート特派員トップにもどる

トップ > 中東 > レバノン > ベイルート特派員 > レバノン料理 おすすめレストラン 

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について