トップ > 中東 > レバノン > ベイルート特派員 > レバノンにおけるLGBT界隈

レバノンレバノン/ベイルート特派員ブログ

レバノンにおけるLGBT界隈

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 夜遊び・クラブ・お酒 / 文化・芸術・美術 投稿日:2019年1月18日

近隣諸国に比べてリラックスしたお国柄で知られるレバノンですが、じつはLGBTフレンドリーでもあるというのは、意外と知られていない事実だと思います。今回は、現地から性的マイノリティとその周辺のカルチャーを発信する Plastik 主催のイベントリポートです。


IMG_8893.JPG


会場は、ベイルートダウンタウンのランドマークであるThe Egg 。そのシルエットから「たまご」と呼ばれるこの建物は、以前は大人気の映画館でしたが、内戦中に大きく破壊され、現在はその傷跡を残したまま立ち入り禁止になっています。普段は入ることのできないこの会場を美しくライトアップし、現代アーティスト、セント・ホークス (Saint Hoax) の展覧会「モニュメンタル」が開催されました。

セント・ホークス は、シリア出身といわれるアノニマス(匿名)アーティスト。自らを POPlitical Artist (ポップ+政治 アーティスト) と称するホークスは、政治・社会の不条理、それを反映するセレブリティやメディアなどを風刺をこめて描いた作品で知られます。もちろん、昨今の社会の課題の一つである性的マイノリティーに関するトピックも、大きなテーマとして取り扱っています。

イベントエントランスには


IMG_8851.JPG


戦車に乗った米大統領(ピノキオ!?)と思しきモニュメントが。なかなか刺激的なスタートです。
普段は入ることのできない「たまご」の中に入れただけでも大感激。ライトアップも大変よく計算されていて、普段は負の遺産として目をそらしたくなるようながれき部分も、夜空を背景に美しく浮かび上がります。


IMG_8871.JPG


IMG_8874.JPG


入場すると


IMG_8875.JPG


ホークスのロゴがお出迎え。
メイン会場は


IMG_8891.JPG


IMG_8881.JPG


IMG_8882.JPG


オープンスペースにはペインティング作品が、映画館時代からのスクリーンにはベイルートの歴史をテーマにしたビデオワークが上映されています。

少々刺激の強い作品も含まれますので、展覧会の詳しい内容はこちらからどうぞ
PLASTIK GALLERY


IMG_8894.JPG


近隣諸国も含め、何かと政治的に落ち着くことのないレバノンですが、争いの過去は過去として、新しい世代はそれにとらわれることなく、ユーモアを忘れず、ポジティブ/エネルギッシュな社会にしていこうというメッセージが感じられたイベントでした。


Plastik のウェブサイトは、レバノンのカルチャーやクラブイベント、夜遊び情報も満載なので、渡航前にはぜひチェックをおすすめします! 






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

bananaflowercat

レバノン・ベイルート特派員のbananaflowercatが現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

レバノンレバノン/ベイルート特派員
名前:bananaflowercat

bananaflowercat

レバノン在住。中東一おおらかと言われ、ヨーロッパからだけでなく湾岸諸国からの旅行者も多いレバノン。日本ではあまり語られることのない小国の魅力を、在住者の視点からリアルタイムでお伝えしていきます。このblogを通して皆さんがレバノンの文化に興味を持ち、訪れるきっかけにしていただけたらうれしいです。 DISQUS ID @disqus_ILMWIitifE

ベイルート特派員トップにもどる

ベイルートを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベイルート特派員トップにもどる

トップ > 中東 > レバノン > ベイルート特派員 > レバノンにおけるLGBT界隈

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について