トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.29 北京旅行のマスト!「万里の長城」

中国中国/北京特派員ブログ

No.29 北京旅行のマスト!「万里の長城」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年6月17日

22C0D41B-1E10-4A27-8DDB-F42D29FBFA76.jpeg
(写真は、黄花城水長城。)


万里の長城(以下、長城)は、1987年、ユネスコの世界遺産に登録されました。
北方の遊牧民族の侵攻を防ぐために、長い年月をかけて建設され、つなげられた大規模な城壁です。
そのため、1箇所にあるわけではなく、広範囲に及びます。
今回は、いくつかの長城をご紹介したいと思います。


「八達嶺長城(バーダーリン・チャンチェン)」は、1番有名で、アクセスしやすい長城です。
観光客が最も多く、最も混雑する長城でもあります。


「慕田峪長城(ムーティエンユー・チャンチェン)」は、城壁まで、徒歩、リフト、またはケーブルカーで登ることができます。
(どの長城にも当てはまることですが、徒歩だと、城壁にたどり着く頃には疲れてしまいます。
リフトなどに乗るほうが、時間も体力も節約できます。)
上りでリフトを選ぶと、下りは小型ソリのスライドに乗れます。スライドに乗ったことのある知人はみな口々に「楽しい!」と言っています。

F16FD912-308F-402F-8F43-69FBDF84509C.jpeg
「黄花城水長城(フアンフアーチェン・シュエイチャンチェン)」は、一部がダム湖に水没した長城です。
水辺に入り込む城壁が見られ、ユニークな長城と言えます。
(今年、水長城を観光しましたが、敷地内の地図が正しくありませんでした。
西門入り口の地図は、問題ありません。)
整備されていない城壁がありますが、「明代長城」エリアは整備されており、安全に登ることができます。


4A6962FA-5BB9-432F-8BF1-03C97710594C.jpeg
時間に余裕がある方は、「司馬台長城(スーマータイ・チャンチェン)」まで足を伸ばしてみるのも良いでしょう。
「古北水鎮」から入場しなければなりません。
古北水鎮とは、古い水辺の街をイメージしたテーマパークです。
長城とテーマパーク、それぞれの入場料を払うことになります。
私は両方とも観光したことがあるのですが、どちらも趣があると思いました。
長城だけを観たい方にとっては、時間とお金がもったいなく感じるかも知れません。


A07E7725-77B3-4D80-9965-9AF6E82A45A7.jpeg
司馬台長城から少し北上し、河北省に入ると、「金山嶺長城(ジンサンリン・チャンチェン)」があります。
城壁が連なる光景は、目を見張ります。
金山嶺長城はあまり整備されていないため、安全面に留意しなければなりません。
原始的な城壁が、 魅力の1つでもあります。


体力に自信がある方は、Beijing Hikersの長城ツアーに参加してみてはいかがでしょう。

https://www.beijinghikers.com

参加した知人からは、かなりハードな活動だと聞いています。


7A53276A-AB8F-4483-BA35-0152C6FA93BC.jpeg
(写真は、金山嶺長城。)
byronkoの特派員ブログでは、できるだけ公共交通機関で行きやすい観光スポットをご紹介しています。
長城は、北京の市街地から離れているので、ツアーか車のチャーターがお勧めです。
また、長城を登るのに体力が要ります。
無理は良くありませんが、少なくとも城壁の塔の1つは登っておきたいものです。
傾斜がいかに急であるか、どれぐらいの高さであるか、実際に登ってみないと分かりません。
少しキツい思いをして見る絶景は、さらに印象に残るものとなるでしょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・旧北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/旧北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.29 北京旅行のマスト!「万里の長城」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について