× 閉じる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.27 北京の798芸術区

中国中国/北京特派員ブログ

No.27 北京の798芸術区

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月30日

11370233-56F8-48B0-9901-AAB670FD99E6.jpeg
中国の現代アートに興味がある方は、798芸術区(チージオウバー・イーシューチュー)をのぞいてみてはいかがでしょう。
アートギャラリーが集まるエリアです。


798芸術区の前身は、1950年代、東ドイツに設計を依頼して、建設された国営の工場地区です。
電子部品を製造していました。
「798」は、その地区にあった工場の番号(名前)に由来します。


17F68105-0E5F-41FA-80ED-363023154C83.jpeg
工場が機能的なバウハウス様式だったことが分かるスペース。
当時に使用されていた機械が3台、展示されています。


散策するだけでも面白いと思いますが、せっかくならギャラリーに入って、中国のアートに触れてみましょう。
日本の芸術作品とは色彩やデザイン、サイズまでも異なり、中国の風土を反映しているようです。


2D3E43B9-20A2-4343-9B5E-57FA0704FE19.jpeg
798芸術区には、カフェが点在します。
写真は、木の幹が店内を伸びているカフェです。
3階まで上がると、木の幹と枝が見えます。


F11DD4C6-A058-487D-A1C3-E669B4ED565E.jpeg
雑貨屋さんでは、街中では見かけないユニークな中国土産が見つかるかも知れません。


C36FD592-FB73-4C8D-9522-AC00135D439A.jpeg

【芸術区の詳細情報】

名称: 798芸術区


住所: 朝陽区酒仙橋路2号、4号


開放時間: 月曜日〜日曜日 全日


HP: www.798district.com


入場料: 敷地に入るのは無料で、各ギャラリーによって入場料が異なる


行き方:
バス402、405の「大山子路口南(ダーシャンズルーコウナン)」停留所で下車。他にも401、420、909、991、955、988など。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com DISQUS ID @disqus_S7VDT6ovO0

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.27 北京の798芸術区