トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.25 北京から高速鉄道で名勝へ行こう

中国中国/北京特派員ブログ

No.25 北京から高速鉄道で名勝へ行こう

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月19日

39CD4769-1534-4CCC-9339-0D510E241ED0.jpeg
「高速鉄道」、略して「高鉄(ガオティエ)」は、中国の新幹線です。
高鉄に乗って、北京からさまざまな地域に行けます。
今回は、「北京西」駅から行ける2つの地域をご紹介します。


① 洛陽


A3F8EB6A-38CD-4C95-9022-B7B1E7F81B7B.jpeg
中国仏教の三大石窟の1つ「龍門石窟」は、洛陽にあります。
(残りの2つは、敦煌の莫高窟と大同の雲岡石窟。)
北京西駅から「洛陽龍門」駅まで、高鉄で3、4時間。
洛陽龍門駅から龍門石窟までは、直通バスがありません。
タクシーで行くのがスムーズです。


② 西安


北京西駅から「西安北」駅まで、高鉄で4.5時間〜 6時間です。
4.5時間の列車はすぐに売り切れてしまうので、早めの購入がお勧めです。


7D5FD6D2-9B12-4D22-BA76-795C2FEF2CCE.jpeg
西安の代表的な名勝「大雁塔(ダーイェンター)」は、西安北駅から地下鉄で行けます。
(徒歩を含めて約1時間。)
地下鉄は、「大雁塔」駅で下車。
玄奘(日本では三蔵法師として有名)が、インドから持ち帰った仏教の経典を「大慈恩寺」に保管しましたが、そのお寺の中に仏塔「大雁塔」があります。
なお、玄奘が生涯をかけて、サンスクリット語の経典を中国語に訳したおかげで、正しい大乗仏教の教えが中国に広まったと言われています。


86FB2E85-55B2-4EC1-ACB0-FA63758136FF.jpeg
西安を訪れるのなら、ぜひ見学してほしいのが「兵馬俑(ビンマーヨン)」。
西安北駅から秦始皇兵馬俑博物館まで、直通バスはありません。
タクシーで45分〜1時間かかります。


洛陽や西安は飛行機でも行けますが、航空代は、高鉄2等席の倍の金額です。
また、国内航空便は、遅延やキャンセルの恐れがあります。
定時発車は、高鉄の強みなのです。


チケットはネットなどから購入できます。
購入と入構の際には、パスポートが必要です。
旅行客の方は、旅行代理店を通して、または中国鉄路の駅で、購入するのが無難だと思います。
駅で購入する場合、「售票処」という看板がチケット・オフィスの目印となります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・旧北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/旧北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.25 北京から高速鉄道で名勝へ行こう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について