トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.8 北京の地下鉄

中国中国/北京特派員ブログ

No.8 北京の地下鉄

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2017年12月28日

1969年に開通した「北京地鉄」は、中国で最も歴史のある地下鉄です。
渋滞の影響を受けず、急ぎの時はスピーディに移動できます。
(朝と夕方のラッシュアワー時は、長蛇の列ができますので、避けたいものです。)


0178EE6B-8241-4278-B913-0DCC7FBCC68A.jpeg
(8号線「北土城」のプラットフォーム)


路線は、市内と郊外を結んでいます。
第4回目のエントリーでご紹介したように、北京首都国際空港の路線もあります。


FD74ACDE-57F2-4BD4-9682-D3FEDB8B33D2.jpeg
(6号線「東四」のコンコース)


地下鉄のチケット自販機では、中国語か英語の表示が選べます。
車内では、中国語と英語のアナウンスが流れます。
中国語があまり話せない方にとっても、使いやすい交通手段です。


77F49D72-9080-496F-87E5-9BF648F32B02.jpeg
(6号線「南鑼鼓巷」のプラットフォーム)


料金は、3元から始まります。
北京で生活する方なら、交通カード「一卡通(イーカートン)」を購入すると便利です。
毎回、チケットを買わずにすみます。
また、バス料金が半額になります。
地下鉄の場合、1ヶ月に150元以上を一卡通で支払えば、翌月の料金が自動的に割引されます。
(つまり、通勤などで頻繁に乗車しなければ、割引されません。)
旅行客の方は、一卡通の購入・返却の手間を考えると、毎回チケットを購入したほうが良いかもしれません。


559D7EDC-2D66-40C3-9F63-99B186D2E7D1.jpeg
(6号線「南鑼鼓巷」のコンコース)


一卡通は、駅の窓口で購入できます。

•「圧金(ヤージン)」(=デポジット)が20元。
•「充値(チョンジー)」(=チャージ)は20元以上で、お好きな金額。


再チャージは、窓口とチケット自販機が利用できます。


一卡通を返却すると、チャージとデポジットが返金されます。
窓口で返却できます。
一卡通に入っている金額は、100元以下でなければなりません。


921B4505-1F25-4FCE-9713-E6359F615F84.jpeg
(8号線側「南鑼鼓巷」のE口)


「北京地鉄」は、まだまだ路線を広げています。
旅行客は、ますます観光しやすくなることでしょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・旧北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/旧北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.8 北京の地下鉄

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について