トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.3 北京の中国鉄道博物館

中国中国/北京特派員ブログ

No.3 北京の中国鉄道博物館

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年11月24日

北京には、以下の3つの「中国鉄道博物館」があります。


・ 朝陽区酒仙橋の「東郊館」
・ 東城区前門の「正陽門館」
・ 延慶区八達嶺の「詹天佑記念館」


1番アクセスが良いのが、地下鉄「前門」駅のそばにある「正陽門館」。 時間が限られた旅行客の方に、おすすめです。

51DFC9DD-B8B3-44A4-B664-D492E30D5A8D.jpeg

「正陽門館」の建物は、1906年〜1959年まで、京奉鉄路の駅として活躍しました。
1959年にあらたに北京駅が開通したため、駅としての役目を終えます。
2001年、北京市文物保護単位(日本で言うところの「文化財」)に認定され、2010年に博物館として一般に開放されました。

BE51A6F3-159A-4159-9FCD-8A151FFD2A86.jpeg

博物館の時計台のある部分の1階に、チケット売り場があります。
入館料は、1人20元。(身長が120cm以下の子どもは無料。)
チケット売り場を出て、建物の中央から入館します。

CC949E89-59FC-4AAB-96AD-2B5797448E61.jpeg

地下1階は、中国鉄道の線路・駅の模型や、実物のレールを展示しています。
(全館にわたり写真撮影は可、ビデオ撮影は不可。)

2ADFF9E9-B8A7-46B3-9E52-C3DEF19FEA10.jpeg

1階では、中国鉄道の歴史について学べます。
上の写真は、中国鉄道の父、詹天佑(せんてんゆう: Jeme Tien Yow)の銅像。
詹天佑は、1872年に「幼童出洋予習班」の一員としてアメリカに公費留学しました。
のちにイェール大学を卒業。
1881年に中国に戻り、中国鉄道の発展に尽くしました。

D5B83CA2-44AE-47EE-8207-D883C5BB9315.jpeg

こちらは、乗車券用の活版印刷機(写真左)、活版(写真右上)、乗車券(写真右下)。
この印刷機は1927年ドイツ製で、1980年代末まで使用されていたそうです。


1階で上映しているビデオでは、「正陽門館」が駅だった当時の様子などが見られます。
音声は北京語ですが、中国語と英語の字幕が付いているので、中国人ではない方でも理解しやすいと思います。


2階では、鉄道システム、路線や車両について学べます。
この階には、高速鉄道の車両「和諧号」のシミュレータがあります。
「和諧号」と同じ内部設計で、実際に使用されていたシートを設置。
両側のディスプレイ映像から、 最高時速350km/hで移動する雰囲気が味わえます。
料金は10元。
(12時台はシミュレーションがありませんので、体験されたい方はお昼時の訪問は避けましょう。)


3階は、常設展示はなく、特別展示となります。


【博物館の詳細情報】

名称: 中国鉄道博物館 正陽門館


住所: 東城区前門大街甲2号


電話番号:(市外局番010)6705-1638


営業時間: 火曜日〜日曜日 9:00〜17:00(16:30 最終受付)


HP: http://www.china-rail.org (中国国外からはアクセスが難しいかも知れません)

「大衆点評」の情報


行き方:

地下鉄地下鉄2号線「前門(チエンメン)」駅で下車。

B口を出ると、博物館が正面に見えます。

大通りの向かい側にあるので、地下道をわたります。

地上に上がって、すぐそば。

駅から徒歩で2、3分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・旧北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/旧北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.3 北京の中国鉄道博物館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について